静かなるドン(79)についてについて自分なりに調べてみました。静かなるドン(79)について

サラリーマン金太郎(3)について自分なりに調べてみました。サラリーマン金太郎(3)大和会長と大島社長の権力争いはさらに激化! 明日の役員会でどちらを失脚させるか、幹部たちの葛藤が続く。
同じ夜、会長の孫で金太郎に一目ぼれした有希の訪問を受けた金太郎は一緒にいた男の態度が癪に触り殴りつけてしまう。
翌日、その男が総会屋トップ・三田善吉の息子だと分かり、子分たちが会社に乗り込んできた! 喧嘩上等の金太郎は椅子を相手の脳天に振り下ろし、大喧嘩へとなだれ込んだ!!晴れてヤマト建設の正社員になった金太郎。
そんな金太郎にオトナの誘惑が…!? 三田善吉に連れて行かれたクラブで銀座の花・美鈴に一目惚れされた金太郎は誘われるままに一夜を共にする。
かいがいしく世話を焼いてくれる美鈴に金太郎は…? 仕事の方では、荒船山トンネル工事に派遣されるが、そこは前任者が自殺したといういわくつきの現場で…。
着任早々、すさんだ現場に金太郎の男気が炸裂――!!荒船山の突貫工事中に起きた事故を見事な陣頭指揮でさばき、金太郎はさらに名を上げた! 息子・竜太とともに帰郷し、母の墓前を訪れた金太郎は思いかけず父親と再会する。
苦労をかけた息子に負い目を感じている様子の父に、金太郎は「孫を抱きたくなったらいつでも来いよ…」と声を掛けたのだった。
会社に戻ると、社内の調査係として鷹司という切れ者らしい男が入社していた。
金太郎とはお互い肌が合わないようで……!?金太郎は東北支社に移動になった。
そこで直属の上司となる副支社長の伊郷は、部下は置かない主義だと言う変わり者。
タイマン勝負で負けた金太郎は伊郷の奴隷として働くことを強いられる。
談合の場に使わされた金太郎はひょんなことから市民ホールの増改築工事の見積もりを依頼される。
しかし、市内の公共事業のほとんどは北東総建の支配下にあり、ヤマト建設の入る余地はないように見えるのだが……。
いよいよ運命の入札日。
金太郎たちは最低価格ギリギリの数字を出し、落札は確実とみられたが、北東総建の後ろ盾を受け役人を買収した柴幡工務店が白紙入札の不正を犯す。
金太郎の怒りの鉄拳が飛ぶが、事態はさらに深刻さを増す。
数日後、伊郷副支社長と金太郎の息子・竜太のもとに爆弾が届けられたのだ! ついにキレた金太郎はかつての八州連合に招集をかけ、敵の本丸へと乗り込むが……!?続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60013113