カーシェアリングとレンタカーの違いとは

カーシェアリングとレンタカー

愛車 買取 査定 楽天オート 買取 軽自動車 査定価格 軽自動車 買取 相場 事故車 査定評価

カーシェアリングとレンタカーはとても似ているような気もしますが実際は大きく違いがあります。 レンタカーをカーシェアリングと呼ぶことも出来ますが、この後どのような違いがあるか見ていきましょう。 まず1つ目に利用時間です。 レンタカーの場合だと、週単位〜月単位でレンタルすることが出来ます。 しかし、カーシェアリングの場合は最大で日単位でしかレンタル出来ません。 つづいての違いは価格面になります。 レンタカーの場合はレンタルする時間や日にちによって料金が変わってきます。そして、ガソリン代は自己負担になります。 カーシェアリングは月会費と利用料金が設定されています。 カーシェアリングは同じ月だと何回使用しても、支払い金額は同じになります。そして、ガソリン代は使用料に組み込まれていますので、別途ガソリン代がかかるということはありません。 最大の違いはユーザーです。 レンタカーの場合は特に会員になる必要はありませんが、カーシェアリングは会員にならなくてはいけません。 不特定多数の人がレンタル可能であるのがレンタカーなのですが、最近では会員制のレンタカー会社も増加してきています。 そうなってくると、レンタカーとカーシェアリングの違いはなくなってきます。

カーシェアリングに向いてる人

自動車 売却 相場 自動車 売りたい 車 無料買取査定 車 売る 車両 売却

カーシェアリングを利用するのあたって、向いている人、向いてない人があります。 首都圏や街中などに住んでいる人や通勤に車を利用しない人、仕事が休みの日もあまり外出をしない人。 そんな風に車の利用頻度が極端に低い人にはカーシェアリングはかなりお勧めです。 経済的にも自分で車を所有するよりとても安くあがります。 カーシェアリングとは車をレンタルしている状態ですから、自分の好きなように改造も出来きません。 よって車にこだわりがない人という点も大事なことになってきます。 車の対してこだわっていない人もカーシェアリング向きと言えるかもしれません。 その他には自己所有車があるけど、車にはお金をかけたくないうえにあまり乗らない人もカーシェアリングはお勧めです。 環境問題に関心があり、車の利用頻度が少ない方もカーシェアリングを利用してみるの良いでしょう。 カーシェアリングを利用することによってエコであることも知られています。 カーシェアリングは京都議定書目標達成計画にも記載されていて、利用する場合は利用者一人当たりの二酸化炭素排出量の削減効果が大きいということです。