'70~'80'S ARCADE VIDEO GAMES FONT MUSEUM EXTRA
NAMCO FONTS @ CAPCOM'S ARCADE VIDEOGAMES

1979年~1980年にかけて、ナムコを一躍有名にした「ギャラクシアン」「パックマン」の世界的大ヒットにより、 両作品で使用されたフォント「ナムコフォント」が他社作品にも広まった。 1980年代生まれで大阪に本社を置くカプコンでもナムコフォントを採用したこともあった。

↑カプコンが唯一、ナムコフォントを採用した「ひげ丸」(1984年) © 1984 CAPCOM CO.,LTD.
では、フォントミュージアムをお楽しみください。

1984年


↑バルガス
カプコンのアーケードビデオゲーム第1作目となった縦スクロールシューティング。ゼビウスフォントに類似

1985年


↑戦場の狼
ナムコフォントにわりと近いアーミーフォント。


↑ひげ丸
カプコンで唯一のナムコフォント完全採用作品


↑ガンスモーク
北米の時代劇・西部劇(Western)を題材としたシューティング。2年後の1987年にリリースされるドラスピフォントをウェスタン風にアレンジ。


↑セクションZ
「戦場の狼」のフォントを再利用

1986年


↑闘いの挽歌
「戦場の狼」「セクションZ」で使用されたフォント第3作目。これに加え、カプコン初の斜体フォントも追加


↑サイドアーム
「ガンスモーク」で使用されたフォントを再利用の横スクロールシューティング

1987年


↑トップシークレット
「戦場の狼」「セクションZ」「闘いの挽歌」で使用されたフォントを切れ目なしでアレンジ


↑1943
1984年リリースの第2次世界大戦(1939~1945)を題材としたシューティング「1942」の続編にあたり、プレイヤーの残数制からライフ制に切り替えて登場
「ガンスモーク」のフォント使用第3作目


↑ブラックドラゴン
アクションRPG。同年にリリースされた「ドラゴンスピリット」のフォントを採用
1990年代のカプコン作品に多数使用


↑虎への道
中国武術を題材としたアクション。「ドラゴンスピリット」のフォントを採用

1988年


↑1943改
「1943」のマイナー版


↑ロストワールド
カプコンのシステム基板「CPシステム」初採用のシューティング。「ブラックドラゴン」のフォントがグラデーションになって登場

1989年


↑マッドギア
カプコンの縦モニターのレーシング


↑天地を喰らう
本宮ひろ志氏原作、「三国志」を題材とした同名漫画のビデオゲーム化。アクション


↑エリア88
新谷かおる氏原作、空軍を舞台とした同名漫画のビデオゲーム化。横スクロールシューティング


↑ファイナルファイト
ご存知、格闘アクションの決定版。得意のパンチ・キック・投げで敵を倒し、さらわれたジェシカちゃんを助けに行こう

1990年


↑1941
ご存知、第2次世界大戦(1939~1945)を題材としたシューティング。「1942」「1943」「1943改」に続く19シリーズ第4作目。
今度の闘いの舞台は太平洋からナチス時代のヨーロッパ方面へ


↑マジックソード
冒険活劇アクション


↑USネイビー
米国空軍を舞台とした横スクロールシューティング。戦争ものであり、フォントも「1943改」以来のドラスピフォントをアーミー調(切れ目付き)にアレンジ


↑ニモ
同名アニメ映画のビデオゲーム化

1991年


↑ストリートファイターⅡ/’(だっしゅ)/ターボ
ご存知、対戦格闘アクションの決定版。メガヒットし、その改良版も発表


↑ワンダー3
3作品(ルースターズ=アクション、チャリオット=シューティング、ドンプル=パズルアクション)が1つの基板に収録して登場のアーケードビデオゲーム初のオムニバス


↑キャプテンコマンドー
「ファイナルファイト」をアメコミ調にして再登場。4人まで同時プレイできるようになった。4人の力を合わせ、地上に平和を取り戻そう

1992年


↑ナイツオブグラウンド-円卓の騎士-
中世イングランドを舞台に繰り広げられるアクション


↑バース
空中戦シューティング。「ファイネストアワー」のフォントを使用


↑天地を喰らうⅡ 赤壁の戦い
1988年リリースの「天地を喰らう」の続編

1993年


↑スーパーストリートファイターⅡ
「ストⅡ」に新ヒーローを迎えて再登場。欧州でもリリースされ、ドイツ語の特殊文字「Ä」「Ö」「Ü」やスペイン語の特殊文字「Ñ」を縦8ピクセル×横16ピクセルでアレンジしているため、「´」「¨」「~」がばらばらになっているほか、当時のスペイン語の特殊文字「CH(Ch,ch)」「LL(Ll,ll)」「rr」やスペイン語で使用される逆さ疑問符「¡」「¿」も8×8ピクセルにアレンジしている。
※1994年、スペイン語に関する法律が改正され、「CH(Ch,ch)」「LL(Ll,ll)」「rr」はそれぞれ、1文字ではなく2文字で数えられるようになり、現在に至っている。すなわち、スペイン語のアルファベットは27文字。
ABCDEFGHIJKLMNÑOPQRSTUVWXYZ

その他
珍しいフォントを使用した作品をピックアップ。


↑ソンソン(1984年)
「西遊記」を題材としたカプコン初の2人同時(チームワーク)プレイ採用の横スクロールアクションシューティング
これまで、かな文字と「゙」「゚」がばらばらになっていたひらがなの「が」「ざ」「だ」「ば」「ぱ」各行の文字を初めて一文字8×8ピクセルでアレンジ。リスト中、未使用のギリシャ文字の「α」「β」「π」や楽譜記号(シャープ、四分休符、各種音符)も


↑1942(1984年)
第2次世界大戦(1939~1945)を題材としたシューティング
カプコン初のグラデーション並びに影付きフォント


↑エグゼドエグゼス(1985年)
2人同時プレイのシューティング。いろんなフルーツも出てくるよ。
「ソンソン」のフォントを再利用


↑魔界村(1985年)
円卓の騎士・アーサーがさらわれた王女を救出しに大活躍。シリーズ化されたホラーアクションシューティング
フォントもホラー風に


↑アレスの翼(1986年)
2人同時プレイの「ゼビウス」タイプ(照準に合わせて地上物の敵を地上ショットで倒す)シューティング。フォントもロマンス風になって登場

© CAPCOM CO.,LTD.

制作:QTQ 禁・無断転載・改変・二次使用

FONTS HOME