'70~'80'S ARCADE VIDEO GAMES FONT MUSEUM EXTRA
NAMCO FONTS @ DATA EAST(DECO)'S ARCADE VIDEOGAMES

1979年~1980年にかけて、ナムコを一躍有名にした「ギャラクシアン」「パックマン」の世界的大ヒットにより、 両作品で使用されたフォント「ナムコフォント」が他社作品にも広まった。 大ヒット作「バーガータイム」etc.で有名なデータイースト(DECO、現・G-Mode)。DECO作品で初めてナムコフォントを採用したのが1981年、 大ヒットシューティング「アストロファイター」のリメイク版「スーパーアストロファイター」。 1980年代前半、DECO作品はほとんど、世界初のシステム基板「カセットシステム」を採用されており、電源入れたときの起動時にソフトのローディングタイムがかかった。 カセットシステム採用の作品にもほとんど、ナムコフォントを取り入れており、中にはナムコが家庭用ビデオゲーム機初移植を実現した作品も含まれている。中にはお蔵入りした作品も…。 カセットシステム並びにナムコフォント採用のDECO作品で、1985年に発表された世界的大ヒットのパソコンソフトから移植の「バルダーダッシュ」が最後の作品になり、 その後、作品独自のフォントを採用していくのであった。

↑DECOが初めてナムコフォントを採用した「ロックンチェイス」(1981年) © G-MODE
では、フォントミュージアムをお楽しみください。

1981年


↑ロックンチェイス


↑スーパーアストロファイター
中にはカセットシステム起動時のローディング画面に出てきたフォント(セガの初期フォント)も含まれている。


↑プロゴルフ


↑トレジャーアイランド

1982年


↑プロテニス


↑ミッションX


↑ディスコNo.1
「QIX」(タイトー)タイプの囲みアクション


↑エクスプローラー


↑バーニンラバー
大ヒットした頭突きカーアクション。


↑バーガータイム
大ヒットしたハンバーガー作りアクション。ナムコが家庭用ビデオゲーム機への初移植も実現。


↑トルネード
中央から表れる敵から画面下のカプセルを守っていくシューティング

1983年


↑プロサッカー


↑プロボウリング


↑タッグチームプロレスリング(開発元=テクノスジャパン(現・ミリオン)、販売元=データイースト(現・G-Mode)) © MILLION CORP.
これもナムコが家庭用ビデオゲーム機初移植を実現。


↑アイスクリーム
「バーガータイム」の主人公が再び大活躍のアイスクリーム作りアクション


↑クラスターバスター
マイシップでボールを跳ね返してぶら下がっているブロックを破壊していくアクション。


↑ナイトスター
スペースシャトルを操作し、輸送物を衛星軌道まで運んでゆくシューティング。

1984年


↑空手道
カセットシステム不採用作品。「クレイジークライマー」(日本物産株式会社)や「リブルラブル」(ナムコ)と同じレバー2本を使ったスポーツゲーム。 後に対戦機能が付いた「対戦空手道」もリリースされた。


↑スクラムトライ
世界初、ラグビーのビデオゲーム

1985年


↑バルダーダッシュ
世界的大ヒットのパソコンソフトからの移植作品。この作品がカセットシステム並びにナムコフォント採用最後の作品に。


↑メタルクラッシュ
デコ初のグロブダーフォント採用作品。

その他




↑それ以降、DECOはナムコフォントの取入れをやめ、作品独自のフォントを採用していくのであった。
大ヒットし、ナムコが家庭用ビデオゲーム機初移植を実現させた作品をピックアップ。
上から「サイドポケット」(ビリヤード、1986年)、「カルノフ」(アクションシューティング、1987年)、「ドラゴンニンジャ」(プレイヤー(コマンドー)が忍者と戦うアクション、1988年)でそれぞれ使用されたフォント一覧
とくに「カルノフ」で使用されたフォント、「ファイネストアワー」にわりと近い

© G-MODE CO.,LTD.

制作:QTQ 禁・無断転載・改変・二次使用

FONTS HOME