'70~'80'S ARCADE VIDEO GAMES FONT MUSEUM EXTRA
GROBDA FONTS @ OTHERS

1984年、「ゼビウス」の開発スタッフが再び集まり、その敵キャラ・グロブダーを主人公とした面クリタイプのシューティング「グロブダー」で使用されたフォントはポスターなどで見かけたコンピュータ字体を採用。このフォントは発表される3年前の1981年にアーケードビデオゲーム「スペースダンジョン」(タイトー)、「ストラテジーX」、「ターピン」(以上、コナミ)で初使用された。
では、フォントミュージアムをお楽しみください。

1981年


↑スペースダンジョン(タイトー)
グロブダーフォント初採用作品。米国で発表された宝集めアクションシューティング
© TAITO CORP. 1981


↑トロン(ミッドウェイ)
ディズニーの同名映画をビデオゲーム化
© Midway games Inc.
© Disney


↑ストラテジーX(コナミ)
ボタン付きレバー1本採用のシューティング
© Konami Digital Entertainment Co.,Ltd.


↑ターピン(コナミ)
スッポンに捕まらないよう、小亀をおうちに帰そう。
© Konami Digital Entertainment Co.,Ltd.


↑スペースオデッセイ(セガ)
「スクランブル」(コナミ)のセガ版
© SEGA CORPORATION 1981.

1983年


↑ネットウォーズ(オルカ)
米国で発表されたアクションシューティング
© ORCA CORP.

1984年


↑グロブダー(ナムコ)
「スペースダンジョン」「ストラテジーX」「ターピン」「スペースオデッセイ」から3年、それらの作品で使用されたフォントが遂にナムコデビュー。このフォントが「グロブダーフォント」と呼ばれるようになった。その第1作目がこれ。
© NBGI


↑フォーメーションZ(ジャレコ)
ロボットから戦闘機にトランスフォーム(変形)して目的地を目指すシューティング
© 1984 JALECO LTD.


↑チューブパニック(日本物産株式会社)
3Dシューティング
© 1984 NIHON BUSSAN CO.,LTD.

1985年


↑メタルクラッシュ(データイースト)
戦闘ロボット同士がぶつかり合う対戦格闘。デコ初のグロブダーフォント採用作品
© G-MODE

1986年


↑ハレーズコメット(タイトー)
タイトーでのグロブダーフォントは「スペースダンジョン」以来5年ぶり
© TAITO CORP. 1986


↑サンダーセプター(ナムコ)
ナムコのグロブダーフォント使用第2作目
© NBGI


↑3DサンダーセプターⅡ(ナムコ)
ナムコのグロブダーフォント使用第3作目
© NBGI

1988年


↑シルクウォーム(テクモ)
1P側がジープ、2P側がヘリコプターの横スクロールシューティング
© KOEI TECMO GAMES LTD.

1989年


↑オメガファイター(UPL)
縦スクロールシューティング
© UPL LIMITED


↑デンジャラスシード(ナムコ)
ナムコのグロブダーフォント使用第4作目。フォントカラーもグラデーションに
© NBGI

1990年


↑アクアジャック(タイトー)
タイトーのグロブダーフォント使用第3作目
© TAITO CORP. 1990

制作:QTQ 禁・無断転載・改変・二次使用

FONTS HOME