'70~'80'S ARCADE VIDEO GAMES FONT MUSEUM EXTRA
NAMCO FONTS @ JALECO'S ARCADE VIDEOGAMES

1979年~1980年にかけて、ナムコを一躍有名にした「ギャラクシアン」「パックマン」の世界的大ヒットにより、 両作品で使用されたフォント「ナムコフォント」が他社作品にも広まった。 1980年代作品で作品独自のフォントを使用してきたジャレコでも多少、ナムコフォントを採用してきた。

↑ジャレコが初めてナムコフォントを採用した「チェックマン」(1982年) © 1982 JALECO LTD.
では、フォントミュージアムをお楽しみください。

1982年


↑チェックマン

1984年


↑ピンボ
ご存知、ピンボール


↑Dデイ
戦艦を操作するシューティング


↑フォーメーションZ
ロボットから戦闘機にトランスフォーム(変形)して目的地を目指すシューティング。後にリリースされた「グロブダー」「サンダーセプター」「デンジャラスシード」でも使用


↑わいわいジョッキーゲートイン
競馬をビデオゲーム化。好きな競走馬を選ぼう。

1985年


↑忍者じゃじゃ丸くん
ファミコンの人気ソフトがゲーセンでもプレイできるようになった!ジャレコで唯一のVSシステム採用作品。
「ファミコン」は任天堂の登録商標です。

1987年


↑エクセライザー
「エクセリオン」の続編。同期に発表された「ドラゴンスピリット」のフォント(ネーム入れ用)に加え、筆記体が1文字8×8ピクセルでアレンジ


↑銀河任侠伝
発表当時に放送された人気アニメキャラのパロディが多数出てくるアクション。 1990年発表の「マーベルランド」や1991年発表の「ローリングサンダー2」でも使用

1988年


↑燃えろ!プロ野球 ホームラン競争
ジャレコロゴが2代目になって登場の作品。ファミコン向けに発表されたMLBのゲーム「燃えプロ」が遂にアーケードにも進出!
「ファミコン」は任天堂の登録商標です。

1989年


↑ザ・ロードオブキング
中世ヨーロッパを舞台としたアクションゲーム。ナムコフォントが影付きで登場

その他
ジャレコの初期作品で使用されてきたフォントはほとんど独自のフォントだった。そこで、珍しいフォントをピックアップ。


↑ノーティボーイ(1981年)
セガの初期作品のフォント


↑ポップフレーマー(1982年)


↑ブループリント(1982年)
リリースから7年後の1989年に発表された「ファイネストアワー」のフォントに類似。ジャレコ初の影付きフォント


↑カメレオン(1983年)
「ポップフレーマー」のフォントを再利用。ひよこちゃんやニワトリに捕まらないよう、たまごっちを集めよう!


↑サターン(1983年)
土星をバックに繰り広げられるスペースシューティング。「ブループリント」に続くジャレコの影付きフォント。「ファイネストアワー」のフォントに類似


↑ディンゴ(1983年)
英国アシュビー・コンピュータ・アンド・グラフィックス社開発、ジャレコが日本での販売権を取得。草原に並んでいるフルーツを取っていくドットイートゲーム。
「パックマン」シリーズのロゴで使われている字体を採用。よーく見ると、「C」がパックマンになってますね。
© 1983 ASHBY COMPUTERS AND GRAPHICS LTD.


↑エクセリオン(1983年)
ジャレコのメガヒット作。敵を倒したときに出てくる第2数字フォントは翌年にリリースされた「グロブダー」でも使用。


↑シティコネクション(1985年)
ジャレコ初の棒入り0(Ø)使用。フォントのグラデーションはランキング、クレジット投入、クリアボーナス時のみ


↑フィールドコンバット(1985年)
「エクセリオン」で使用されたフォントを再利用。敵の兵士や戦闘機をトラクタービームで吸い込んで味方にして、ゴール地点を目指すシューティング


↑モモコ120%(1985年)
アニメ「うる星やつら」(家庭用ビデオゲーム機へ移植されるときのタイトル)のOP「ラムのラブソング」をBGMに繰り広げられるジャレコ初のギャルゲーとなったアクションシューティング


↑アーガス(1986年)
ジャレコ初のフルグラデーション&影付きフォント。「ゼビウス」のジャレコ版


↑バルトリック(1986年)
「フィールドコンバット」以来のゴール到着シューティング


↑ぶたさん(1986年)
「アーガス」で使用されたフォントを再利用。がざだばぱ各行の文字も8×8ピクセルで表現


↑サイキック5(1987年)
5人の中から適用しやすいエスパーを1人選んで、ゴール地点の石像を目指すアクション

© JALECO LTD.

制作:QTQ 禁・無断転載・改変・二次使用

FONTS HOME