'70~'80'S ARCADE VIDEO GAMES FONT MUSEUM EXTRA
NAMCO FONTS @ KONAMI'S ARCADE VIDEOGAMES

1979年~1980年にかけて、ナムコを一躍有名にした「ギャラクシアン」「パックマン」の世界的大ヒットにより、 両作品で使用されたフォント「ナムコフォント」が他社作品にも広まった。 他社作品で一番多く、ナムコフォントを使用したのがコナミ。 シリーズ化された大ヒット作「ツインビー」「グラディウス」「ポップンミュージック」「ダンスダンスレボリューション」etc.で有名であり、 ビデオゲームのほか、スポーツ施設も充実している。コナミ作品で初めてナムコフォントを採用したのが1980年、 コナミのアーケードビデオゲーム第1号となったスペースシューティング「ジ・エンド」。 それ以降、数多くのコナミ作品にナムコフォントを取り入れ、大ヒットした。 とくに、1981年作品のほとんどが、ファミコン(任天堂、1983年)がリリースされる前に発売された某社家庭用ビデオゲーム機への移植も行われた。

↑コナミが初めてナムコフォントを採用した「ジ・エンド」(1980年) © Konami Digital Entertainment Co.,Ltd.
では、フォントミュージアムをお楽しみください。

1980年


↑ジ・エンド
この作品でコナミの歴史が始まった

1981年


↑アミダー


↑フロッガー


↑ジャングラー


↑スクランブル


↑ストラテジーX
コナミ初、ナムコフォント以外のフォント採用並びに横モニター作品として登場。このフォントは後にリリースされた「グロブダー」(1984年)、「サンダーセプター」(1986年)、「デンジャラスシード」(1989年)でも使用


↑スーパーコブラ
「スクランブル」のマイナー版。自機がジェットからヘリコプター(チョッパー)に。


↑ターピン
このフォントは後にリリースされた「グロブダー」(1984年)、「サンダーセプター」(1986年)、「デンジャラスシード」(1989年)でも使用


↑ビデオハスラー
世界初ビリヤードのビデオゲーム。「ムーンクレスタ」(日本物産株式会社)と同じく、スコアランキングがレインボーカラーで表示

1982年


↑プーヤン


↑タイムパイロット
スコアランキングもレインボーカラー表示

1983年


↑ジャイラス
ナムコフォント初のグラデーション


↑ハイパーオリンピック

1984年


↑サーカスチャーリー


↑グリーンベレー


↑スーパーバスケットボール


↑ロードファイター
ナムコフォントが影付きで登場。このスタイルも多数のコナミ作品でも使用されてきた。


↑新入社員とおるくん
コナミ初ドラスピフォント初採用作品。永遠のユニット・ビートルズの名曲をBGMに繰り広げられるデートめざしアクション。

1985年


↑スクーターシューター
世界初の対戦シューティング。「新入社員とおるくん」のフォント(ドラスピフォント)を引き継いでいる。


↑ギャラクティックウォーリアー
コナミ初のシステム基板「バブルシステム」採用、ここもスコアランキングもレインボー表示


↑イーアルカンフー
PCソフトからの移植、コナミ初の家庭用ビデオゲーム機用ソフトにもなった対戦格闘アクションの原点。

1986年


↑Mr.五右衛門
家庭用ビデオゲーム機で展開中の人気シリーズ「がんばれゴエモン」記念すべき第1作目


↑沙羅曼蛇
「グラディウス」初のシリーズ作品、2人同時プレイも可能


↑特殊部隊ジャッカル
コナミロゴが2代目になって初の作品に。


↑恋のホットロック
ここもスコアランキングもレインボー表示

1988年


↑コンバットスクール
「グラディウス」に出てきたØ(棒入り0)も登場。グラフィックデータ中、未使用フォント(「ガッタンゴットン」で使用されたフォント=ブロードウェイ)も発見

1989年



↑クライムファイターズ
「ドラゴンスピリット」のフォントを採用。また、その等倍版(1文字16×16ピクセル)も。

その他
コナミでも作品独自のフォントを採用しているものもある。そこで、珍しいフォントを使用している作品をピックアップ


↑ガッタンゴットン(1982年)
「マッピー」のロゴでもおなじみのブロードウェイ字体を採用


↑ツタンカーム(1982年)
ここもスコアランキングもレインボー表示


↑ロックンロープ(1983年)
ナムコフォントに近いタイプを採用


↑パンドラズパレス(1984年、米国)
「ロックンロープ」で使用されたフォントを引き継いでいる。


↑ツインビー(1984年)
シリーズ化された「ゼビウス」タイプの縦スクロールシューティング。
ファンシーな字体を採用


↑グラディウス(1985年)
シリーズ化された横スクロールシューティング。
旧パソコンや初期のアーケードビデオゲームに出てきたØ(棒入り0)がコナミ初登場


↑コナミGT(1985年)
「ポールポジション」(1982年~1983年)のコンパネを再利用したレーシング。フォントも斜体で登場。
もちろん、スコアランキングもレインボー表示


↑ラビリンスランナー(1987年)
ナムコフォントにわりと近い。「グラディウス」に出てきたØ(棒入り0)も登場。


↑エージャックス(1987年)
ここでも「グラディウス」に出てきたØ(棒入り0)も登場。


↑パロディウスだ!(1990年)
グラディウスシリーズ5作目で1990年最大のヒット作に。グラフィックデータ中、未使用フォントの字体も発見。


↑ザ・シンプソンズ(1991年)
米国アニメが原作。現在、FOX(CATV・スカパー・e2で見よう!)にて放送中のTVアニメで使用されている字体を8×8ピクセルで再現。 グラフィックデータ中、未使用フォント(ナムコフォント)も発見


↑ゼクセクス(1991年)
「グラディウス」で使用されたフォントをフル活用。一部変えているところも…。

© KONAMI DIGITAL ENTERTAINMENT CO.,LTD.

制作:QTQ 禁・無断転載・改変・二次使用

FONTS HOME