'70~'80'S ARCADE VIDEO GAMES FONT MUSEUM EXTRA
NAMCO FONTS @ NICHIBUTSU'S ARCADE VIDEOGAMES

1979年~1980年にかけて、ナムコを一躍有名にした「ギャラクシアン」「パックマン」の世界的大ヒットにより、 両作品で使用されたフォント「ナムコフォント」が他社作品にも広まった。 他社作品でのナムコフォント採用作品で一番目立ったのが、大阪に本社を置く日本物産株式会社(略称:ニチブツ)。 ここでもやはり、1979年~1980年代前半までの作品でもナムコフォントを取り入れられた。

↑ニチブツが初めてナムコフォントを採用した「ローリングクラッシュ&ムーンベース」(1979年) © 1979 NIHON BUSSAN CO.,LTD.
では、フォントミュージアムをお楽しみください。

1979年


↑ローリングクラッシュ&ムーンベース
「ローリングクラッシュ」は「ヘッドオン」(セガ)、「ムーンベース」は「スペースインベーダー」(タイトー)の各ニチブツ版。
もちろん、登場キャラもオリジナルのものを使用。
CHARACTERS:©SEGA & TAITO


↑ムーンエイリアン
「ギャラクシアン」の改造版。キャラクターを改造し、プレイヤーのFUELが新たに追加された作品

1980年


↑ムーンクレスタ
ご存知、ニチブツの代表作。アーケードビデオゲーム初のひらがな・漢字フォント使用作品。
僕も一度故障(スクリーンショットを赤いフォントに染める)させたことがあります。


↑クレイジークライマー
これもニチブツの代表作。「リブルラブル」と同じくコンパネはレバー2本


↑ムーンクエーサー
「ムーンクレスタ」の続編

1981年


↑フリスキートム
「パックマン」と同じくレバー1本のみの水道管修理アクション


↑五目並べ連珠


↑ムーンシャトル
横方向のスペースシューティング

1982年


↑ワイピング
「ディグダグ」のニチブツ版

1983年


↑SFX
殿堂入りした横スクロールシューティング


↑ラジカルラジアル
タイヤ型戦闘タンクを操作し、障害物を交わしながらゴールを目指すアクションシューティング

1984年


↑ローラージャマー
ローラーブレードがビデオゲームになった!
過去のニチブツ作品のロゴタイプも多数出てきます。


↑セクターゾーン


↑チューブパニック
ニチブツ初の1人専用ゲーム。
このフォントはこのあとすぐリリースされた「グロブダー」「サンダーセプター」「デンジャラスシード」でも使用

1985年


↑コップゼロワン
この作品がニチブツでのナムコフォント採用最後の作品になり、次回作からは作品独自のフォントを使用されることになる。




↑ゼビウスフォントに近いフォントが1985年の作品にも使用
上からコスモポリス・ギャリバン、マグマックス、テラクレスタ(以上、1985年)
また、このフォントは1987年にリリースされた家庭用オリジナル作品「ファミリーマージャン」(ファミコン)でも採用された。
ファミコンは任天堂の登録商標です。

© NIHON BUSSAN CO.,LTD.

制作:QTQ 禁・無断転載・改変・二次使用

FONTS HOME