'70~'80'S ARCADE VIDEO GAMES FONT MUSEUM EXTRA
NAMCO FONTS @ NINTENDO'S ARCADE VIDEOGAMES

1979年~1980年にかけて、ナムコを一躍有名にした「ギャラクシアン」「パックマン」の世界的大ヒットにより、 両作品で使用されたフォント「ナムコフォント」が他社作品にも広まった。 他社作品でのナムコフォント採用作品で一番目立ったのが、京都に本社を置き家庭用ビデオゲーム機で世界的に有名になった任天堂。 ここでも、1979年~1980年代作品でもナムコフォントを取り入れられた

↑任天堂が初めてナムコフォントを採用し、西部劇(米国の時代劇)を題材としたアーケードビデオゲーム業界初チャンネルスイッチ採用のアクションシューティング「シェリフ」(1979年) © 1979 NINTENDO
では、フォントミュージアムをお楽しみください。

1979年


↑シェリフ

1980年


↑ヘリファイアー
潜水艦を操作し、空中の敵機(ヘリコプターほか)を打ち倒すシューティング


↑スペースファイアーバード
「ギャラクシアン」タイプのシューティング。ビデオゲーム業界初レバー1本&2ボタン(ショット&敵を体当たりで倒していくワープ)採用。50機の敵を全て倒すと次のステージへ進む。


↑レイダースコープ

1981年


↑スカイスキッパー
トランプ王国を襲うゴリラの軍団を爆弾で眠らせ、閉じ込められたトランプ王国の国王(キング)・女王(クイーン)・王子(ジャック)・兵士たち(ダイヤ・スペード・ハート・クラブ)を救出していくシューティング。
ナムコフォント初1文字16×16ピクセルで登場(等倍=1ピクセル分が2×2ピクセルに)


↑ドンキーコング
世界中で大ヒットした家庭用ビデオゲーム機「ファミコン(NES)」「スーファミ(SNES)」「ゲームボーイ/アドバンス」「バーチャルボーイ」「N64」「ゲームキューブ」「Wii」「ニンテンドーDS」「ニンテンドー3DS」の人気者・マリオの記念すべきデビュー作
その2年後の1983年、ファミコンソフト記念すべき第1号になる。
ファミコン・スーファミ・ゲームボーイ/アドバンス・バーチャルボーイ・N64・ゲームキューブ・ニンテンドーDS・Wii・ニンテンドー3DSは任天堂の登録商標です。

1982年


↑ドンキーコングJr.
「ドンキーコング」シリーズ第2作目。この作品で唯一、マリオが悪役(ドンキーコングを誘拐)で登場し、ドンキーコングの息子・ジュニアが救出に向かう。これも「ドンキーコング」と同様ファミコンソフト第1期目としてリリースされた。
ファミコンは任天堂の登録商標です。


↑ポパイ
ナムコフォントが等倍(1ピクセル分が2×2ピクセルに)で登場。これも「ドンキーコング」と同様ファミコンソフト第1期目としてリリースされた。
ファミコンは任天堂の登録商標です。

1983年


↑マリオブラザース
ビデオゲーム業界初、2人同時プレイ(チームワークプレイ)搭載でマリオの弟・ルイージの記念すべき初登場作品になる。これも「ドンキーコング」と同様ファミコンソフト第1期目としてリリースされた。 また、ナムコフォントが影付きで登場


↑ドンキーコング3
「ドンキーコング」シリーズ第3作目。ドンキーコングが再び悪役で登場し、主人公・スタンリーの花畑を襲い掛かってくる。 マリオに続くドンキーコングの第2のライバルとなったスタンリーを操作し、殺虫剤をして武器にして花瓶を守っていくシューティング

1984年


↑パンチアウト
ビデオゲーム業界初2画面採用のボクシング


↑スーパーパンチアウト

VSシステム

1983年に発表され、多機種を抑えて売り上げNo.1になった家庭用ビデオゲーム機・ファミコンの売れ行きも好調となり、 ファミコンの基板を元にアーケード向けで「VSシステム」を開発し、ファミコンの人気ゲームソフトをそのままアーケードでも味わえるようになった。また、ファミコンにない要素も多数追加されているものも。 ファミコンと同様、他社からのサードパーティにも参加され、ファミコンオリジナル作品もアーケードでも味わえるようになった。 また、米国でもファミコン(NES)の売れ行きも好調になり、制限時間利用でファミコンの人気ゲームソフトをそのままアーケードでも味わえる「Playchoice10」というシステムを発表した。 そこで、「VSシステム」&「Playchoice10」の両方でリリースされた作品もピックアップ
PC=Playchoice10にも収録
※ファミコンは任天堂の登録商標です。

1984年


↑麻雀
「ドンキーコング」と同様、ファミコンソフト第1期目としてリリース。


↑ベースボール PC
ファミコンソフト第2期目としてリリースされ、ファミコン初のスポーツゲームとしてリリースされたものを2P側ではピッチャーが後ろ向きで登場。


↑テニス PC
ファミコンソフト第3期目リリースされたものを一部改良している


↑ピンボール


↑ストローク&マッチゴルフ(ゴルフ) PC
ファミコン版にはなかったBGMを追加し、ゴルファーが女性でも登場


↑ダックハント PC
「ワイルドガンマン」に続くファミコンの光線銃シリーズ第2作目としてリリースされたものをアーケード版で再編。奇数ステージがタイプB(2匹のダック打ち落とし)、偶数ステージがタイプC(クレー射撃)で構成


↑ホーガンズアレイ PC
ファミコンの光線銃シリーズ第3作目としてリリースされたものをアーケード版で再編。


↑クルクルランド


↑エキサイトバイク PC
あのモトクロスレーシングがビデオゲームになった!ファミコン版にはないスコア表示も追加された。

1985年


↑バルーンファイト PC
VSシステム版ではファミコン版にはない上下スクロールも追加


↑アイスクライマー
廊下を走る敵キャラ(穴が開くと一旦巣に戻り、氷で廊下を作る)でファミコン版ではアシカだったのに対し、VSシステム版では雪のモンスターに変えられている。 また、VSシステム版では好きなステージを選ぶことも可能。


↑バンゲリングベイ
ファミコン初のサードパーティを結んだハドソンソフトのファミコンソフト第2号としてリリースされた米国ブローダーバンド社のシューティング。


↑サッカー


↑レッキングクルー
マリオブラザーズ(マリオ&ルイージ)が再び大活躍の壁壊しアクション。後にBGM追加、上下スクロール、ステージエディットも追加してファミコンでもリリースされた。


↑バトルシティー
あのナムコもVSシステムに参入。その記念すべき第1作目がこれ。 1980年に発表された「タンクバタリアン」をファミコンオリジナルとして2人同時プレイになり、敵タンクが4種類になり、ショットを通過する川、タンクが隠れるジャングル、破壊できない銀壁も追加。 ハイスコア達成してゲームオーバー(マイタンク全滅or下中央の司令部破壊)になるとナムコフォントが64×64ピクセル(1ピクセル分を4×4ピクセルに等倍)になって登場し、ハイスコアラーをたたえてくれる(1982年発表の「ディグダグ」以来)。
© NBGI


↑忍者じゃじゃ丸くん
ジャレコの人気者・じゃじゃ丸シリーズの記念すべき第1作目として、ファミコンオリジナルで発表されたものをそのままアーケードでも味わえるようになった。 ジャレコでのナムコフォントは「ピンボ」(ピンボール、1984年)以来。
© JALECO LTD.


↑マッハライダー
シューティングを追加した近未来バイクレース。VSシステム版ではコンティニュー(制限時間内)も追加された。


↑スターラスター
ナムコのVSシステム第2作目。これもファミコンオリジナルで発表されたものをそのままアーケードでも味わえる。
© NBGI

1986年


↑GUMSHOE(ガムシュー)
米国でリリース。光線銃で敵を打ち倒しながら娘。を救出に向かう主人公(スティーブンソン)を誘導し、風船を集めながら目的となるダイヤ(1ステージに1個づつ、全7個)を取り、ゴールを目指していくガンシューティング。


↑スーパーマリオブラザーズ PC
ご存知、ファミコンのミリオンヒット作。ファミコン版より少し難易度も上がっている。VSシステム版でフォントが影付きで登場しており、VSシステム版でアルファベット(ラテン文字)がナムコフォントであるのは珍しい。 VSシステム版でのフォントは後にファミコンディスクシステム用としてリリースされた「スーパーマリオブラザーズ2」にも引き継がれた。


↑スーパースカイキッド
米国でリリース。あの「スカイキッド」のファミコン版がそのままアーケードでも!
© NBGI


↑スーパーゼビウスガンプの謎
「ゼビウス」のファミコンオリジナル版がアーケードでも!ここではファミコン版のウラモード(グロブダーがスパリオ発射)を採用。
© NBGI


↑プロ野球ファミリースタジアム(米国タイトル=ATARI R.B.I. BASEBALL)
ナムコのMLBの歴史はこの作品(ファミコンオリジナルとして)で始まった。1Pモードで対戦相手選択でファミコン版ではパスワード入力に対し、VSシステム版では自由に選べるようになった。
© NBGI

1990年


↑ドクターマリオ PC
ファミコンの売れ行きも好調になり、アーケードビデオゲーム業界から一旦姿を消した任天堂が久々に発表されたアーケードビデオゲームとしてVSシステムで登場。 この作品がVSシステム並びにナムコフォント採用最後の作品になり、今後は家庭用向けで展開し、次回作以降の作品では作品独自のフォントを採用していくのであった。

© NINTENDO

制作:QTQ 禁・無断転載・改変・二次使用

FONTS HOME

NINTENDO OF AMERICA

NINTENDO OF AUSTRALIA

NINTENDO OF EUROPE

NINTENDO OF GREECE

NINTENDO OF KOREA