'70~'80'S ARCADE VIDEO GAMES FONT MUSEUM EXTRA
NAMCO FONTS @ SANRITSU'S ARCADE VIDEOGAMES

1979年~1980年にかけて、ナムコを一躍有名にした「ギャラクシアン」「パックマン」の世界的大ヒットにより、 両作品で使用されたフォント「ナムコフォント」が他社作品にも広まった。 あの「スペースインベーダー」(タイトー)にメロディ機能や新種のインベーダーを追加した「スペースウォー」(1978年作品)を生み出したサンリツ電気(現・シムス)でも1980年代前半の作品でナムコフォントを使用してきた。 ナムコフォント採用全作品でクレジット表示(版権表示、著作権表示)を表す記号©が●にCを形どった穴を開けている。

↑サンリツ電気が初めてナムコフォントを採用した「ドリームショッパー」(1982年) © 1982 SIMS CO.,LTD.
では、フォントミュージアムをお楽しみください。

1982年


↑ドリームショッパー
パネルめくって、規定されたスコアを達成すると次のステージへ進むパネルめくりアクション


↑ルージュアン
スペースシャトルを操作するシューティング


↑ヨットマン(マーメイド)
ヨットレースがビデオゲームになって登場!

1983年


↑ドクターミクロ
ゴール到達アクション。3ステージで構成


↑バンバンカー
マイカー(バンバンカー)を操作して風船を割っていこう。

1984年


↑アッポー(セガとの共作)
ご存知、プロレス。
© SEGA CORPORATION


↑バンクパニック(セガとの共作)
銀行を舞台としたタイミングシューティング。この作品がサンリツでのナムコフォント使用最後の作品に。

© SIMS CO.,LTD.

制作:QTQ 禁・無断転載・改変・二次使用

FONTS HOME