'70~'80'S ARCADE VIDEO GAMES FONT MUSEUM EXTRA
NAMCO FONTS @ SEGA'S ARCADE VIDEOGAMES

1979年~1980年にかけて、ナムコを一躍有名にした「ギャラクシアン」「パックマン」の世界的大ヒットにより、 両作品で使用されたフォント「ナムコフォント」が他社作品にも広まった。 とくに珍しいのが大ヒット作「スペースハリアー」「ファンタジーゾーン」「アフターバーナー」「バーチャファイター」「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」etc.で有名なセガ。セガ作品で初めてナムコフォントを採用したのが、1981年に発表された「ジャンプバグ」。 1980年代前半、セガでも多数の作品にもナムコフォントを取り入れるようになった。1988年に発表された「ワンダーボーイⅢ モンスターレア」を最後にセガはナムコフォントの使用を廃止し、作品独自のフォントを採用することになった。 そこで、セガのアーケードビデオゲームでナムコフォントを使用された作品をピックアップ。

↑セガが初めてナムコフォントを採用した「ジャンプバグ」(1981年) © SEGA CORPORATION 1981
では、フォントミュージアムをお楽しみください。

1981年


↑ジャンプバグ


↑ターボ

1982年


↑アリババと40人の盗賊


↑ザクソン


↑モンスターバッシュ
ナムコフォント初の影付き


↑ペンゴ


↑スーパーロコモーティブ

1983年


↑チャンピオンベースボール(開発元:アルファ電子(現・ADK)、販売元:セガ) © ADK


↑ヤマト


↑シンドバッドミステリー


↑ティップタップ(CONGO BONGO)


↑コマンドー
ナムコフォントに類似

1984年


↑エキサイティングサッカー(アルファ電子)
「チャンピオンベースボール」に続くスポーツゲーム第2作目。野球の次はサッカーです。 © ADK


↑アッポー
一部の文字も改良されているぞ。


↑バンクパニック
「アッポー」で使用されたものを引き継いでいる

1986年


↑ワンダーボーイ © SEGA,WESTONE
画面上のスコア表示のみナムコフォントであるのは珍しい
© westone bit entertainment


↑アストロフラッシュ

1987年


↑SDI
アルファベット(ラテン文字)のみ「ホッピングマッピー」のフォントを採用


↑ワンダーボーイ・モンスターランド
ここでもナムコフォントを使用。
© westone bit entertainment


↑ワンダーボーイⅢ モンスターレア
この作品がセガのナムコフォント採用最後の作品に。
© westone bit entertainment

その他
それ以降、セガはナムコフォントの取入れをやめ、作品独自のフォントを採用していくのであった。大ヒットし、数々の家庭用ビデオゲーム機にも移植された作品をピックアップ。


↑ハングオン(1985年)
セガ初の体感ゲームとなったオートバイレース、縁取りフォント


↑カルテット(1985年)
4人まで同時プレイが可能なアクションシューティング、縁取りフォント


↑ヘビーメタル(1985年)
縦強制スクロールのタンクシューティング、「カルテット」のフォントがグラデーションになって登場


↑スペースハリアー(1985年)
体感ゲーム第2弾となった3Dシューティング、「ハングオン」のフォントがグラデーションになって登場


↑ファンタジーゾーン(1986年)
パステルカラーを使ったシューティング、縁取りフォント


↑エンデューロレーサー(1986年)
体感ゲーム第3弾となったモトクロスレース、「ハングオン」のフォントを再利用


↑アウトラン(1986年)
体感ゲーム第4弾となったドライビング、3種類のBGMをセレクトしてプレイ。「スペースハリアー」のフォントを再利用


↑エイリアンシンドローム(1987年)
8方向スクロールのアクションシューティング、翌年発表の「アサルト」のフォントに割と近い


↑忍(1987年)
忍者アクション、フォントも和風になって登場


↑アフターバーナー(1987年)
体感ゲーム第5弾となったドッグファイトシューティング、ポスターや看板などで見かけたStopDフォントを1文字8×8ピクセルで再現


↑獣王記(1988年)
2人同時プレイが可能な変身アクション。セガ初となる電源を一旦消して、2・3秒後に再び電源を入れると、英文による著作権保護対策文章「WARNING」がゲーム画面に映し出されるようになった。


↑テトリス(1988年)
ご存知、ロシア生まれの落ち物パズルアクションゲームの金字塔。
Tetris ® & © Tetris Holding


↑ゴールデンアックス(戦斧)(1989年)
RPG要素を持った2人まで同時プレイ可能のアクションゲーム


↑バーチャファイター(1993年)
ご存知、ポリゴン使用の3D対戦格闘。大ヒットし、シリーズ作品も多数作られてきた。そのテストモード用フォント


↑デイトナUSA(1993年)
米国を舞台としたポリゴン使用のレーシング。そのテストモード用フォント

© SEGA CORPORATION

ALL RIGHTS RESERVED

制作:QTQ 禁・無断転載・改変・二次使用

FONTS HOME