'70~'80'S ARCADE VIDEO GAMES FONT MUSEUM EXTRA
NAMCO FONTS @ TAITO'S ARCADE VIDEOGAMES
FROM TAITO MEMORIES(JAPAN) & TAITO LEGENDS(U.S.&EUROPE)

1979年~1980年にかけて、ナムコを一躍有名にした「ギャラクシアン」「パックマン」の世界的大ヒットにより、 両作品で使用されたフォント「ナムコフォント」が他社作品にも広まった。 他社作品の中で最も多く採用されたのがあの「スペースインベーダー」を生んだタイトー。 タイトー作品で初めてナムコフォントを採用したのが、1981年に発表された「フィッター」。 それ以降、タイトーでも多数の作品にもナムコフォントを取り入れるようになった。 そこで、PS2&3共用オムニバスソフト「タイトーメモリーズ」(日本)&「TAITO LEGENDS」(欧米)各シリーズに収録されている作品をピックアップ。

↑タイトーが初めてナムコフォントを採用した「フィッター」(1981年) © TAITO CORPORATION 1981

↑米国で発表された宝集めアクションシューティング「スペースダンジョン」(1981年)
このフォントがその3年後(1984年)に発表された「グロブダー」でも使用。 © TAITO CORPORATION 1981
では、フォントミュージアムをお楽しみください。
※英文タイトル(邦題)の後ろに表記の
TM1上巻=「タイトーメモリーズ上巻」収録、 TM1下巻=「タイトーメモリーズ下巻」収録、 TM2上巻=「タイトーメモリーズ2上巻」収録、 TM2下巻=「タイトーメモリーズ2下巻」収録、 TL1=「TAITO LEGENDS」収録、 TL2=「TAITO LEGENDS2」収録

1984年


↑SEA FIGHTER POSEIDON(シーファイターポセイドン) TM2下巻
「3」が一部改造されているぞ。


↑BUGGY CHALLENGE(バギーチャレンジ) TM2下巻
「ゼビウス」で使用されたフォントを採用

1985年


↑THE FAIRYLAND STORY(フェアリーランドストーリー) TM1上巻、TL2


↑THE LEGEND OF KAGE(影の伝説) TM1下巻、TL2


↑RETURN OF INVADERS(リターンオブザインベーダー) TM2上巻、TL1
ROM中、未使用の字体も入っております。


↑TYPHOON GAL(女三四郎) TM2下巻
中には「ちゃっくんぽっぷ」(1983年)のちゃっくんもいるぞ

1986年


↑BUBBLE BOBBLE(バブルボブル) TM1上巻、TL1


↑HALLEY'S COMMET(ハレーズコメット) TM2下巻
「グロブダー」「サンダーセプター」「デンジャラスシード」で使用されたフォントを採用


↑KICK AND RUN(キック&ラン) TM2下巻


↑THE LAND SEA AIR SQUAD(陸海空-最前線-) TM2下巻

1987年


↑RASTAN(ラスタンサーガ) TM1上巻、TL1


↑EXZISUS(イグジーザス) TM2上巻、TL1


↑RAINBOW ISLANDS(レインボーアイランド) TM2上巻、TM2下巻(エクストラ)、TL1


↑OPERATION WOLF(オペレーションウルフ) TM2下巻、TL1



↑FULL THROTTLE(フルスロットル) TM2下巻
タイトーでのナムコフォントも初の影つきで登場。「ダライアス」(1987年)で初登場した1文字16×16ピクセルアレンジ版も健在

1988年


↑SYVALION(サイバリオン) TM1上巻、TL2
大型画面採用により、1文字16×16ピクセル仕様にアレンジ


↑BONZE ADVENTURE(地獄めぐり) TM1上巻、TL2


↑RAIMAIS(レイメイズ) TM1下巻、TL2


↑OPERATION THUNDERBOLT(オペレーションサンダーボルト) TM2上巻、TL1


↑CONTINENTAL CIRCUS(コンチネンタルサーカス) TM2上巻、TL1


↑CHUKA TAISEN(中華大仙) TM2上巻
文字の一部も改良(「0」が「Ø」に)もしているところも…。



↑CHASE H.Q.(チェイスHQ) TM2下巻
「ダライアス」(1987年)で初登場した1文字16×16ピクセルアレンジ版も健在


↑PLUMP POP(プランプポップ) TM2上巻、TL1
中には「スペースインベーダー」(1978年)に出てきたイカのインベーダー(30pts)が…。

1989年


↑INSECTOR X(インセクターX) TM1下巻、TL2


↑CADASH(カダッシュ) TM1下巻
欧州(がりあ(ΓΑΛΛΙΑ、ギリシャ語でフランス)・イタリア含む)でもリリースされ、フランス語の特殊記号付き文字È・Ç・Â・Ê・Ôも1文字8×8ピクセルで初登場



↑DARIUS II(ダライアスⅡ) TM2上巻
前作「ダライアス」(1987年)でビデオゲーム業界初3モニター連結を採用し、使用フォントでもあるナムコフォントが初めて1文字16×16ピクセルにアレンジ。 その続編にあたる本作でも健在。


↑FIGHTING HAWK(ファイティングホーク) TM2上巻
ナムコフォントが化粧して登場


↑VOLFIED(ヴォルフィード) TM2下巻、TL1


↑BATTLE SHARK(バトルシャーク) TM2下巻、TL1


↑FINAL BLOW(ファイナルブロー) TM2下巻


↑MASTER OF WEAPON(マスターオブウェポン) TM2下巻


↑MEGA BLAST(メガブラスト) TM2下巻

1990年代


↑GUN FRONTEER(ガンフロンティア) TM1下巻、TL2
「ドラゴンスピリット」のフォントにわりと近い


↑SPACE INVADERS '91(マジェスティック12) TM1上巻、TL2


↑GROWL(ルナーク) TM1上巻、TL2


↑SPACE GUN(スペースガン) TM2上巻、TL1


↑THUNDER FOX(サンダーフォックス) 1990年 TM2下巻、TL1
「ドラゴンスピリット」で使用されたフォントに近い。また、アーミー調(切れ目)に仕上げており、「ガンスモーク」「1943」(いずれもカプコン)で使用されたフォントにわりと近くなっている


↑METAL BLACK(メタルブラック) TM1上巻、TL2
中には「ドラゴンスピリット」のフォントに近い字体(デモ中に見られるNOTICE画面やエンディングで使用)も。



↑DINOREX(ダイノレックス) TM2上巻
恐竜同士が闘う対戦格闘。中には「ドラゴンスピリット」のフォントに近い字体(デモ中に見られるバックストーリーで使用)も。
グラフィックROM中、未使用のナムコフォントも発見


↑DARIUS GAIDEN(ダライアス外伝) TM1上巻、TL2
3モニター(2モニター)連結だった「ダライアス」がシリーズ初の1モニターに凝縮され、 使用フォント(ナムコフォント)も通常(1文字8×8ピクセル)になり、 これに加え、グラデーションで登場


↑BUBBLE SYMPHONY(バブルシンフォニー) TM2下巻
ナムコフォントの影つき、グラデーションに加え、J・Qも改良されている。


↑BUBBLE MEMORIES(バブルメモリーズ) TM2上巻
この作品がタイトーのナムコフォント採用最後の作品に。

タイトーメモリーズ(TAITO LEGENDS)未収録編


↑THE PIT(ザ・ピット) 1981年
「ディグダグ」を思わせる地中を掘って、制限時間内に宝を全て取って、UFOのところへ運んでゆく欧州で開発されたアクション。
日本ではタイトーが販売権を取得。
© CENTURI


↑T.T.マージャン 1981年
世界初の麻雀のビデオゲーム。これまで縦16ピクセル×8ピクセルだったカタカナの「ド」「ペ」「ポ」も8×8ピクセルで表現


↑NIBBLER(ニブラー) 1982年
「パックマン」同様、レバー1本のみで、プレイヤー(蛇)の体に噛み付かないようにエサを食べてゆくドットイート


↑PORTMAN(ポートマン) 1982年


↑ROCK CLIMBER(ロッククライマー) 1982年
「クレイジークライマー」(日本物産株式会社)の山登り版。
音源は「ムーンクレスタ」(「クレイジークライマー」と同じ)で使用されたものを採用


↑JOLLY JOGGER(ジョリージョガー) 1982年


↑SUPER RIDER(スーパーライダー) 1983年


↑PIT & RUN(ピット&ラン) 1984年


↑草野球 1985年
一部を除き、ラテン文字(アルファベット)が「ゼビウス」のフォント


↑ARKANOID(アルカノイド) 1986年
ご存知、ブロック崩し


↑BIG EVENT GOLF(ビッグイベントゴルフ) 1986年



↑DARIUS(ダライアス) 1986年
世界初3モニターを1画面採用のシューティング。これにより、ナムコフォントも1文字16×16ピクセル仕様に


↑EMPIRE CITY 1931(エンパイアシティ1931) 1986年
1931年のニューヨークを舞台にしたガンシューティング。といっても、ガンコンではなくジョイスティック使用です。
翌年リリースの「ドラゴンスピリット」のフォントを採用


↑ARKANOID REVENGE OF D.O.H.(アルカノイド2) 1987年


↑Dr.TOPPEL'S ADVENTURE(Dr.トッペル探検隊) 1987年


↑EXTERMINATION(エクスターミネーション) 1987年



↑THE NINJA WARRIORS(ザ・ニンジャウォリアーズ) 1987年
「ダライアス」に続く3モニター連結第2作目。こちらもナムコフォントも1文字16×16ピクセル仕様に


↑SUPERMAN(スーパーマン) 1988年
われらのヒーロー・タケちゃんマン(スーパーマンの別称)がビデオゲームになった!


↑CRIME CITY(クライムシティー) 1989年
「ローリングサンダー」に近いアクションシューティング


↑WORLD GRAND PRIX(ワールドグランプリ) 1989年


↑AQUA JACK(アクアジャック) 1990年
「グロブダー」のフォントを採用


↑PARAMEDES(パラメデス) 1990年
「ワールドスタジアム」と同じく、家庭用ビデオゲームソフトからの移植作品


↑QUIZ H.Q.(クイズHQ) 1990年
「チェイスHQ」がクイズになって登場!


↑SONIC BLAST MNA(ソニックブラストマン) 1990年
タイトー初、コントローラがパンチングボールのビデオゲーム。パンチングボールをきつく殴って、宿敵を倒せ!


↑DEAD CONNECTION(デッドコネクション) 1992年
ナムコフォントが影付きで登場

その他
タイトーでも作品独自のフォントを使用している作品も多数存在。そこで、珍しいフォントをピックアップ


↑WILD WESTERN(ワイルドウェスタン) 1982年 TM1下巻、TL2
「マリンデート」「アルペンスキー」「エレベーターアクション」「ウォータースキー」「フロントライン」「グランドチャンピオン」etc.の1981年~1983年のタイトー中期作品で多数使用


↑CHACK'N POP(ちゃっくんぽっぷ) 1984年 TM1下巻、TL2
「ゼビウス」のフォントにわりと近い


↑RING FIGHTER(リングファイター) 1984年
ご存知、近くのデパート内のゲーセンに設置していたボクシングゲーム。
「ゼビウス」のフォントにわりと近い


↑JUNGLE SURVIVAL GO!GO! Mr.YAMAGUCHI(決死の探検サバイバルゆけゆけ!山口君) 1985年
洞窟内に潜んでいる魔物を倒し、転がってくる岩を避けながらレストランへ向かう洞窟探検アクションシューティング
「ゼビウス」のフォントにわりと近い


↑NUNCHAKUN(レディマスター) 1985年
ヌンチャクを使って敵を倒すカンフーアクション
「ゼビウス」のフォントにわりと近い


↑SAMURAI NIHON-ICHI(侍日本一) 1985年
時代劇を題材としたアクション
「ゼビウス」のフォントにわりと近い


↑TIGER HELI(タイガーヘリ) 1985年
文字によって、イタリック調になっているところやブロック体になっているところも。


↑KIKI KAIKAI(奇々怪界) 1986年 TM1上巻、TL2
日本の妖怪たちが出てくるアクションシューティングであり、使用フォント(1文字8×8ピクセル仕様)も和風にアレンジ。


↑WARDNER(ワードナの森) 1987年
すごいグラデーション


↑ENFORCE(エンフォース) 1988年
「戦場の狼」「セクションZ」「闘いの挽歌」(いずれもカプコン)のフォント(ナムコフォントをアーミー調(切れ目付き)にアレンジ)を使用


↑NASTAR(ラスタンサーガⅡ) 1988年 TM1下巻、TL2
「ファンタジーゾーン」(セガ)のフォントにわりと近い


↑CAMELTRY(キャメルトライ) 1989年 TM1上巻、TL2
ブロック体。中には「快」「刀」「沼」「田」「杉」「山」「小」「池」を8×8ピクセルにアレンジしてるものも。


↑DONDOKODON(ドンドコドン) 1989年 TM1上巻、TL2
「ニュージーランドストーリー」「ミズバク大冒険」でおなじみの黒縁トリ


↑SPECIAL CRIMINAL INVESTIGATION(S.C.I.) 1989年 TM2上巻
アルファベット(ラテン文字)はブロードウェイ字体にわりと近い


↑TATSUJIN(達人) 1989年
「スペースインベーダー」etc.で使用された初期フォントをボルト調(太字)にアレンジ


↑NINJA KIDS(ニンジャキッズ) 1990年 TM2上巻、TL1
斜体を1文字8×8ピクセルにアレンジ


↑ARABIAN MAGIC(アラビアンマジック) 1992年 TM1下巻
イタリック調を1文字8×8ピクセルにアレンジ


↑RAY FORCE(レイフォース) 1994年 TM2上巻
縁トリとグラデーションの組み合わせ

© TAITO CORPORATION 1981 - 2007

ALL RIGHTS RESERVED

制作:QTQ 禁・無断転載・改変・二次使用

FONTS HOME

TANOMI.COM TAITO MEMORIES