'70~'80'S ARCADE VIDEO GAMES FONT MUSEUM EXTRA
NAMCO FONTS @ TECHNOS JAPAN'S ARCADE VIDEOGAMES

1979年~1980年にかけて、ナムコを一躍有名にした「ギャラクシアン」「パックマン」の世界的大ヒットにより、 両作品で使用されたフォント「ナムコフォント」が他社作品にも広まった。 大ヒット作「くにおくん」「双栽龍(ダブルドラゴン)」etc.で有名なテクノスジャパン(テクノス、現・ミリオン)。 1980年代初頭、データイースト(現・G-mode)の元社員たちによってに設立され、ビデオゲームの開発を開始した。ここでもやはり、初期作品でもナムコフォントを使用されてきた。

↑テクノス最初のビデオゲーム「ミンキーモンキー」(1982年) © MILLION CORP.
では、フォントミュージアムをお楽しみください。

1982年


↑ミンキーモンキー
出題どおりにフルーツを定位置へ運んでゆこう。

1983年


↑スクランブルエッグ
かわいいひよこちゃんがたくさんでてくるよ。


↑ザ・ビッグプロレスリング

1984年


↑ドッグファイト
「タイムパイロット」(コナミ)を思わせるようなシューティング


↑ミステリアスストーンズ
ナムコフォントが珍しく、影付き&光付きで登場


↑出世大相撲
日本の国技・相撲がビデオゲームになった!

1985年


↑エキサイティングアワー
「ザ・ビッグプロレスリング」が進化!

1986年


↑バトルレーンVol.5
バイクに乗りながら敵と戦うアクションシューティング


↑マニアチャレンジ
テクノスのプロレス第3作目「エキサイティングアワー」がリアルになって登場!


↑熱血硬派くにおくん
ご存知、テクノスの代表作。大ヒットし、家庭用・アーケード方面でもシリーズ作品を次々とリリース。
この作品がテクノスのナムコフォント最後の作品に

その他
それ以降、テクノスはナムコフォントの取入れをやめ、作品独自のフォントを採用していくのであった。そこで、珍しいフォントをピックアップ


↑ザインドスリーナ(1986年)
宇宙を舞台としたアクション&シューティングの合体作品。


↑ダブルドラゴン(1987年)
くにおくんと並ぶ大ヒット作となり、シリーズ作品を次々とリリースされた。

© MILLION CORP.

制作:QTQ 禁・無断転載・改変・二次使用

FONTS HOME