ダートフォックス

1987年、世界初、通信機能を搭載したレーシングゲーム「ファイナルラップ」を発表。あれから2年、今度は四輪駆動バギーを使ったレースゲームを発表した。それが、「ダートフォックス」。8種類の四輪駆動バギーが道路・砂漠地帯・川地帯・雪地帯などを走り、ゴールをめざす。だが、時間内にチェックポイントを通過しなければならない。また、チェックポイントを通過すると、次のSSに入り、残り時間が延長される。岩山やジャンプ台を使ってジャンプしたときはマイバギーがズーミングしたり、コーナーではコースが回転するなど、いろいろアレンジしている。この作品はシステムU基板を利用して作られ、「ファイナルラップ」と同様、通信機能が搭載している。このゲーム、SS(エリア)は全部でいくつかな?

マイバギー
MY BUGGY

マイバギーは全部で8種類。「ファイナルラップ」と同様、好きなバギーを選ぶことができない。自分の座ったシートの色とタイプで、マイバギーが決まる。

敵バギー
ENEMY

マイバギーの走行を妨害する紫のバギーがこいつだ。


↑「ダートフォックス」で使用されたフォント一覧

参考:メディアファクトリー発行「ナムコミュージアムVol.3超研究」のナムコアーケードゲーム17年史

© 1989 NAMCO

ALL RIGHTS RESERVED

制作:QTQ 禁・無断転載・改変・二次使用

ファイナルラップ

フォートラックス

別館「スズカ8アワーズ」へ。