1988年、近未来を舞台とした忍者アクションシューティングゲーム「未来忍者」がシステム2基板第3弾として発表された。ロボット忍者・白怒火(しらぬい)は、手裏剣を武器に、森・都会・山・洞窟・橋などを回りながら敵忍者軍団と戦いながら、全世界に平和を取り戻していく。この作品は同時に映画化され、ファンタスティック映画祭にも出品された。

  キャラクター名  
白怒火(しらぬい) このゲームの主人公。ロボット忍者。
パワーゲージ 画面の上中央に表示され、九九(最大値)からスタートし、敵忍者からのダメージを受け、〇〇になると不知火は破壊され、ゲームオーバー。

一定時間敵キャラが縮小画面上の敵キャラを一瞬に全滅一定時間ショットパワーアップライフ回復
アイテム 白怒火を手助けたりする。取ると、いろいろな効果が出てくる。
エレベーター ステージ2&7に登場。白怒火がこれに乗ると、敵忍者からの攻撃を受け付けない。

敵忍者軍団
ENEMY NINJAS

白怒火を襲ってくる敵忍者軍団たち。資料がないため、名称は僕が勝手につけたのでござる。

服部半蔵 サスケ せむし男 ちょうちょ 棒使い
とんび 変わり身の術使い カムイ 河童 蜘蛛ロボット
カラス からす天狗 火の弾 神社ウォーカー 大砲
破壊不能 永久防止キャラ 破壊不能
歯車 ナメクジ ビーム発射砲 手裏剣発射砲 矢発射砲
灯篭 奇械ヶ城 気門 ハングライダー 爆弾門

中間ボスキャラ
MIDDLE BOSS

エリアの中間にもボスは出現することもあるでござる。

ザク ドム 修羅

 

親玉
BOSS

各エリアのラストに登場。倒すと次のステージに進むでござる。

稲荷
(ステージ1&5)
織田信長
(ステージ2&7)
豊臣秀吉
(ステージ3)

片目、百足丸
(ステージ4&8)
根っこ
(ステージ6)
阿修羅
(ステージ9)


↑ステージ5(迷宮のステージ)に登場のビームを撃つ修羅像


↑最終ステージとなるステージ10(黒鷺(さぎ)城)の親玉・雷鳴法師を護衛する番人たち。
白怒火の行く手を阻んだりするワナを仕掛けたりするぞ。
左から青魂、針の廊下、落とし穴、振り出し地蔵(同時にBGMのテンポも高速に)
しかし、黒鷺城は迷路になっており、なかなかたどり着かない。


↑最終ステージとなるステージ10(黒鷺(さぎ)城)に登場の雷鳴法師

ネーム入れ
REGISTRATION OF HALL OF FAME

スコアが23位以内に入ってゲームオーバーになると、ネーム入れも可能。
スコアが1位の場合は16文字入力だが、2位以下は3文字入力となる。これは珍しい。



↑「未来忍者」で使用されたフォント一覧
もちろん、小文字も出てきます。

© 1988 NAMCO LTD.,ALL RIGHTS RESERVED

制作:QTQ 禁・無断転載・改変・二次使用