ローリングサンダー キャラクター図鑑

THE CHARACTERS' COLLECTION OF "ROLLING THUNDER"

1986年暮れ、いかにも「アメリカ!」という感じのスパイアクションシューティングゲームが発表された。それが、「ローリングサンダー」。1960年代後半のニューヨークを舞台に、悪の秘密結社・ゲルドラの大首領・マブーにさらわれた特殊工作舞台「ローリングサンダー」の女性工作員・レイラを救出するため、「ローリングサンダー」の最強の男・アルバトロスは拳銃を武器に、ゲルドラ本部へと立ち向かう。全部で10ステージからなり、エリア1〜5がストーリー1、エリア6〜10がストーリー2と構成されている。そこで、「ローリングサンダー」に登場するキャラを紹介しよう。

  キャラクター名  
アルバトロス
ALBATROSS
「ローリングサンダー」最強の男。レイラを救出するため、拳銃を手に、ゲルドラ本部へと向かう。LIFEは最初、8つで、ダメージを受けると4つ減る。2回ダメージを受けたり、溶岩や落とし穴に落ちたり、ピストルの弾を受けたり、TIMEが0になったりするとやられる。
レイラ・ブリッツ
LEILA
「ローリングサンダー」の女性工作員。マブーによって捕まっている。
BULLET このポスターが貼っているドアに入ると、拳銃の弾が補給される。
20発、30発、50発の3種類。↓ドア(左からAREA1&6、AREA2&5&7&10、AREA3&4&8&9)
ARMS
(MG BLT)
このポスターが貼っているドアに入ると、マシンガンを入手し、ボタンを押しっぱなしでも連射が可能になる。でも、使い過ぎに要注意。
40発、80発、100発の3種類。↓ドア(左からAREA1&6、AREA2&5&7&10、AREA3&4&8&9)

ゲルドラ
GELDRA

悪の秘密結社・ゲルドラの仲間は、いろいろと分類している。

分類   キャラクター名  
手下
マスカータイプT
MASKER
TYPE I
ピンク、オレンジ、ホワイト、グレイの4種類。飛び掛かったり、殴ったり、爆弾をなげたり、拳銃を撃ったりしながら攻撃してくるザコキャラ。
必要弾数:1発
300
手下

マスカータイプU
MASKER
TYPE II
イエロー、ブラウン、グリーン、ブルーの4種類。1発では倒せないぞ。
必要弾数:2発
400
忍者
ニンジャ
NINJHA
ブルー、パープル、イエロー、ホワイトの4種類。壁から現れる。マスカーと同じ攻撃をしてくる。
必要弾数:1発(ブルー)、2発(パープル)、3発(イエロー)、4発(ホワイト)
700
人造人間 ブローガ
BLOGA
との距離がある一定距離に近づくと飛び掛かってくる。
必要弾数:1発
300
人造人間 ファイヤーマン
FIRE MAN
溶岩湖のあるところから出現。ピョンピョン跳ねながら攻撃してくる。撃つと4つに分裂し、画面上方へと退散する。
必要弾数:1発(分裂前後)
0(分裂前)
800(分裂後)
人造人間 ゲルゾ
GELZO
が近寄ると上昇し、頭上を左右に飛びまわった後、落下して襲ってくる黒ばびっと(TVアニメ「こどものおもちゃ」に登場)の人造人間。
必要弾数:1発
800
動物 パンサー
PANTHER
檻の中、通路上を歩き回っており、が近づくと襲ってくる。移動するので、よくタイミングを見て、倒そう。
必要弾数:1発
500
ボス マブー
MABU
ゲルドラの大首領。エリア10のラストに登場。こいつを倒さないとレイラは救出できない。
必要弾数:25発
2000

初期バージョンとNEWバージョンのちがい

「ローリングサンダー」には、2つのバージョンが存在していた。そこで、初期とNEWの各バージョンについて説明しよう。NEWバージョンは初期バージョンと違い、

1:前半はやさしくなっており、後半になると難しくなる。

2:敵の配置が変わっている。

3:エクステンドがついた。70000pts、100000ptsでアルバトロスが1人増える。

4:エリアをクリアしたときのデモ。コントロールパネルに映し出される映像(レイラ誘拐、逃げているレイラ、レイラ人質に、レイラ電気ショックを受ける、大首領・マブーの顔、エリア10クリアしたときのレイラ救出)。

5:エリア1、2、5、6、7、10のBGMが変わっている。

参考:電波新聞社「ALL ABOUT namcoU」(1987年発行)


↑「ローリングサンダー」で使用されたフォント一覧
ナムコ初のナムコフォントが影付きで登場。中には未使用の計算記号(+−×÷=)もありますね。



↑エリアクリア時、コントロールパネルに映し出される映像

© 1986 NAMCO LTD.,ALL RIGHTS RESERVED

制作:QTQ 禁・無断転載・改変・二次使用

別館「ローリングサンダー2」へ

「ローリングサンダー」にあったレバーを上に入れながらジャンプボタンで上階へ上り、レバーを下に入れながらジャンプボタンで下階へ降りる要素が引き継がれた別館「アウトフォクシーズ」へ