レーダースコープ

近くのデパートのゲーセンにロングラン設置された作品です。しかも、アップライトで。1980年に任天堂が発表された疑似3D効果を利用したシューティングゲームであり、まるで、「ギャラクシアン」(ナムコ)を思わせるような作品でもありました。

キャラクター図鑑
CHARACTERS INFORMATION

1980年に発表された「レーダースコープ」は、マイシップを左右にコントロールし、マイシップから発射されたビームは、画面上のレーダースコープのラインに沿って進み、48機のUFOを倒していく。UFOは時々、高性能爆弾を落としたり、炎を出したりしながら、ダメージメーターを上げたりしてくる。もし、ダメージメーターがフルになると、マイシップの移動速度がダウンしてしまう。

  キャラクター名 得点
マイシップ  
待機中のUFO 50
攻撃中のUFO 100~250
炎を出すUFO ?
高性能爆弾 うち逃すと、ダメージメーターが上がるぞ。
?
文字セレクト枠 スコアが5位以内に入ってゲームオーバーになると、ネーム入れ(12文字)ができる。スティック左右で文字を選び、ボタンを押すと入力できる。

クリアボーナス:ダメージメーターによって、得点が異なる。もし、100%の場合、1000pts入り、%が下がっていくごとに、ボーナス得点が減っていく。また、3パターンクリアすると、スペシャルボーナスも入る。


↑左から、UFOヒット2パターン、マイシップやられパターン


↑「レーダースコープ」で使用されたフォント一覧

© NINTENDO

1980

制作:QTQ

禁・無断転載・改変・二次使用