SAMURAI
サムライ

1980年代初頭、時代劇をテーマとしたアクションゲームが誕生。それが「サムライ」。このビデオゲームが近くのデパートのゲーセンに置かれていた頃、僕の体が振動されてしまい、ビックリさせるような気分がしました。それは、タイトルロゴ表示で「侍」の文字が真っ二つに割れた後、反転するときに音が鳴るからです。その音が、僕を驚かしたのです。つまり、ビデオゲーム初、デモサウンドが搭載された作品でもありました。セガサターン(覚えているかな?)「メモリアルセレクションVol.2」にもこの作品が収録されており、デモサウンドも完全収録されておりますが、MAMEではなかなか再現しません。どうしてでしょうね?

キャラクター図鑑
CHARACTERS INFORMATION

浪人 雑魚 控え雑魚 親分 忍者 幽霊


↑「サムライ」で使用されたフォント一覧
このフォントはセガの初期作品にも多数採用されてきた。

↑ヘッドオン(1979年) © SEGA 1979

↑スペースアタック(「インベーダー」(タイトー)のセガ版、1979年) © SEGA 1979

↑インビンコ(「インベーダー」(タイトー)のセガ版、1979年) © SEGA 1979

↑ディープスキャン(1979年) © SEGA 1979

↑カーニバル(1980年) © SEGA 1980

↑ディガー(「平安京エイリアン」のセガ版、1980年) © SEGA 1980

↑スペーストレック(1981年) © SEGA 1980

↑Nサブ(1980年) © SEGA 1980

↑スペースタクティクス(1981年) © SEGA 1981

↑パルサー(1981年) © SEGA 1981

↑ボーダーライン(1981年) © SEGA 1981

↑005(1981年)、この作品が初期フォント採用最終作に © SEGA 1981

↑セガの初期フォントが他社作品にも登場。
フェニックス(タイトー、1980年) © 1980 TAITO CORPORATION

↑セガの初期フォントが他社作品にも登場。
サファリラリー(新日本企画(現SNKプレイモア)、1980年) © SNK PLAYMORE

↑セガの初期フォントが他社作品にも登場。
ノーティボーイ(ジャレコ、1981年) © 1981 JALECO

↑セガの初期フォントが他社作品にも登場。
プレアデス(テーカン(現テクモ)、1981年) © KOEI TECMO GAMES LTD.


↑1981年〜1985年にかけてリリースされたデータイースト(現G−Mode)作品はほとんどシステム基板「カセットシステム」を採用してきた。 その電源を入れたときのローディング画面でもセガの初期フォントを使用。上=フォント一覧、下=ローディング画面 © G-mode

↑セガの初期フォントが他社作品にも登場。
スーパーアストロファイター(1981年)、中にはナムコフォントも。 © G-mode

©SEGA

制作:QTQ

禁・無断転載・改編・二次使用