アルペンレーサー

1988年末、ナムコ初のウィンタースポーツとして「フェイスオフ」を発表。その7年後の1995年、ナムコ久々となるウィンタースポーツゲームを発表した。 それが、「アルペンレーサー」。ウィンタースポーツの人気競技のひとつでもあるアルペンスキーを題材にし、「エアーコンバット」と同じく、大型プロジェクション画面を利用。 プレイヤーの身体を使ってキャラクターを操作する独自のインターフェイスを取り入れており、運動機能を搭載した作品にもなった。 美しい山脈をバックに繰り広げられる「アルペンレーサー」の魅力に迫る。


↑コースセレクト画面、美しい雪の結晶(花みたいなもの)をバックに、好きなコース(青旗の有無)を選ぼう。
そして、レベルも選ぼう。


↑スタート地点で待機するスキー選手たち(左=旗なしコース、右=旗ありコース)。


↑プレイヤーが操作するスキー選手がこれ。


↑もちろん、相手スキー選手たちも出るぞ(このほか、多数います)。


↑本作品のスポンサーとなった「GOLDWIN」。


↑スタート地点(左=旗なしコース、右=旗ありコース)。


↑もちろん、赤ボタンで視点も変えることもできるぞ。


↑「アルペンレーサー」の初期(デフォルト)ランキング
スピードとゲートでの2種類のランキングを用意


↑「アルペンレーサー」で使用されたフォント一覧

© 1994 NAMCO LTD., ALL RIGHTS RESERVED

制作:QTQ 禁・無断転載・改変・二次使用

本作品スポンサー・GOLDWINへのリンク

ナムコ初のウィンタースポーツゲームとなった本館「フェイスオフ」へ

「アルペンレーサー2」へ