グレートスラッガーズ’94

「グレートスラッガーズ」の最新データ更新版遂に登場!1994年に発表された「グレートスラッガーズ」の最終作「グレートスラッガーズ’94」。 前作と違い、バッターの顔写真が入ったり、タッチアウトなどのクローズアップ画面が入ったり、演出シーンもパワーアップした作品に仕上がった。今回、全米でもリリースされることになり、登場するチームも米国大リーグ(MLB)で登場。 その米国大リーグ版を紹介しよう。「グレートスラッガーズ」も今回で最終作。再び、「スーパーワールドスタジアム」へ戻るのであった。



↑セレクト場面、ゲームモード選択に続き、好きな球団を選ぼう。次に先行・後行を選び、先発投手・打順・守備モード・球場・BGMも選ぼう。 米国MLB版なので、もちろん、全てのメッセージも英語に書き換えられております。

米国MLB28球団図鑑
THE COLLECTIONS OF MLB 28 TEAMS

※登場する球団のデータは1994年当時のものです。

アメリカンリーグ(ア・リーグ)
AMERICAN LEAGUE

エンゼルス
California
(CAL)
ホワイトソックス
Chicago
(C,A)
オリオールズ
Baltimore
(BAL)
アスレチックス
Oakland
(OAK)
インディアンズ
Cleveland
(CLE)
レッドソックス
Boston
(BOS)
マリナーズ
Seattle
(SEA)
ロイヤルズ
Kansas City
(KC)
タイガース
Detroit
(DET)
レンジャース
Texas
(TEX)
ブリュワーズ
Milwaukee
(MIL)
ヤンキース
New York
(NYA)
ツインズ
Minnesota
(MIN)
ブルージェイス
Toronto
(TOR)

ナショナルリーグ(ナ・リーグ)
NATIONAL LEAGUE

ロッキーズ
Colorado
(COL)
カブス
Chicago
(C,N)
ブレーブス
Atlanta
(ATL)
ドジャース
Los Angeles
(LA)
レッズ
Cincinnati
(CIN)
マーリンズ
Florida
(FLA)
パドレス
San Diego
(SD)
アストロズ
Houston
(HOU)
エクスポズ
Montreal
(MON)
ジャイアンツ
S.Francisco
(SF)
パイレーツ
Pittsburgh
(PIT)
メッツ
New York
(NYN)
カージナルス
St.Louis
(STL)
フィリーズ
Philadelphia
(PHI)


↑左からTraditional、Mordern(開閉ドーム)各球場


↑審判員(左からTraditional、Mordern(開閉ドーム))

球場で見つけたナムコキャラたち
NAMCO CHARACTERS IN BALLPARK


↑本作品のタイトルの「グレートスラッガーズ」。Traditional球場に登場


↑「ディグダグ」(1982年)&「ディグダグU」(1985年)に登場したプーカァ&ファイガー。Traditional球場に登場


↑左から「ディグダグ」(1982年)&「ディグダグU」(1985年)のキャラ・プーカァ&ファイガー、「ドラゴンバスター」(1984年)のドラゴン、「ファイナルラップ」(1987年〜1993年、全4作)、「エメラルディア」(1993年)、 「パックマン」シリーズ(1980年〜)のパックマン、「ワールドスタジアム」(1988年〜)、「ニューマンアスレチックス」(1993年)、ワンダーエッグ(2000年12月31日閉園)のキャラ・ピラリス。Mordern(開閉ドーム)球場に登場


↑ゲーム画面。バッターの顔写真追加やタッチアウトシーンなどのクローズアップ画面にご注目!もちろん、ナムコキャラも出てくるぞ。


↑Cボタンで”TIME”。ピッチャー交代、ピンチヒッターもうまく活用しよう。
米国MLB版だがよ〜く見ると、日本語の看板(神宮球場、禁煙、グランド…)が…。


↑ゲームセット後のお楽しみといえば、スポーツニュースだよねっ!


↑「グレートスラッガーズ’94」で使用されたフォント一覧

マイク・ピアザハーシュハイザー

© 1993,1994 NAMCO

ALL RIGHTS RESERVED

制作:QTQ 禁・無断転載・改変・二次使用

本館「ワールドスタジアム」へ

「スーパーワールドスタジアム」へ

「グレートスラッガーズ」へ

「スーパーワールドスタジアム’95」へ

「スーパーワールドスタジアム’95」へ