1990年代に入り、アーケードビデオゲームもクイズ(英語では”Trivia”)や対戦格闘(Fighting)という新たなジャンルを生み出す。 1989年11月、大阪に本社を置くカプコンが4つボタンを使う本格的なクイズのビデオゲーム「アドベンチャークイズ カプコンワールド」を発表。 大ヒットを記録し、カプコンも次々とクイズのビデオゲーム「アドベンチャークイズ2 ハテナ?の大冒険」「クイズ殿様の野望」「クイズ&ドラゴンズ」なども発表した。 今後、大手ビデオゲームメーカー各社もクイズのビデオゲームを次々と発表される中、1992年、ナムコ初となる本格的なクイズのビデオゲームを発表することになった。 それが、「爆裂クイズ 魔Q大冒険」。新基板・システムNA1を採用され、非ポリゴン系のナムコ作品のゲーム画面のピクセル範囲も従来の224×288ピクセルから最大224×304ピクセルに拡大された。また、 電源を入れたとき(NOTICE画面)や各種設定モード(テストモード)時のみに出てくるテスト用フォントも登場し、システムNA1基板採用全ての作品のテスト画面に使われてきた(その翌年に誕生したシステムNA2採用の全作品でも)。


↑ゲームスタート画面。村に伝わる伝説の王冠が何者かに奪われる。

キャラクター図鑑
CHARACTER INFORMATION

  キャラクター名  
スコット 1P側。王冠を奪回すべく、悪の組織「闇の爪教」と闘う。
スタンリー 2P側。スコットの相棒。
ガイド係り スコット・スタンリーのパートナー。

クイズ形式
QUIZ TYPES

ナムコ初の本格的なクイズのビデオゲーム「爆裂クイズ 魔Q大冒険」、他社のクイズのビデオゲームと同様、ボタン4個で構成。 「1」で回答するならAボタン、「2」で回答するならBボタン、「3」で回答するならCボタン、「4」で回答するならDボタン。 通常の4択クイズのほか、Dボタンを使わない3択クイズ、Cボタン&Dボタンを使わない2択クイズ、計算クイズ、絵当てクイズ(左右に振る&15枚のパネルがシャッフルするの2タイプ)、Cボタン&Dボタンを使わない○×クイズの5タイプを採用。 制限時間(タイムメーターケージの赤い棒が下がっていく)内にクイズに回答するとスコアがアップされ、早く回答すると高得点のチャンスも。 もし、間違えると、スコット(スタンリー)にダメージを受けてしまい、ラックが1つう奪われてしまい、全てのラックがなくなると死亡し、ゲームオーバー(コンティニュー可)。 出題されたノルマ数(回答できた数、計算クイズ&○×クイズ除く)に達するとステージクリアし、次のステージへ進む。うまくクリアすると、ラックが1つ回復したり、回答したときのスコアも2倍(ダブルモード)になったり、 ノルマが自動的に1~2減ったりすることもあるぞ。果たして、スコット(スタンリー)は村に伝わる往還を奪還することができるのだろ~か!!!?
Q=クイズ


↑マップ画面。ボスキャラがいる建築物エリアをクリアすると、違う進路も選べる。
進路によって、違うタイプのクイズに挑戦したり、好きなジャンルも選ぶこともできるぞ。


↑ほとんどのクイズのビデオゲームでおなじみの4択Q。左=敵群との戦闘、右=トラップ・敵からの追跡


↑うまくクリアすると、3択(2択)になったりすることもあるぞ。左=3択Q、右=2択Q


↑絵当てQ、左=絵が左右に移動しての出題、右=絵が15パズルのようにバラバラになって出題
わかるかな?


↑回答した得点が2倍になるダブルモード


↑計算Q。小学校で習った算数や中学校・高校で習った数学も出題されるぞ。制限時間内に何問できるかな?


↑○×Q。制限時間内に何問できるかな?


↑ヤッター!ノルマ達成!いざ、次のステージへ!

モンスター図鑑
MONSTERS INFORMATION

「闇の爪教」の魔物たちは攻撃・追跡・トラップの3つに分類。攻撃タイプはクイズに間違えるとスコット(スタンリー)に向かって噛み付き・岩落としetc.の攻撃をして1ラック奪われてしまい、 クイズに回答できるとスコット(スタンリー)愛用の武器(ムチ)で魔物を1匹づつ倒していく。また、追跡タイプでは、クイズに間違えると追ってくる魔物たちがスコット(スタンリー)に向かって噛み付き・落下する岩に命中etc.の攻撃をして1ラック奪われてしまい、 クイズに回答できると魔物たちからの攻撃を交わすことができる。トラップタイプはクイズに間違えるとトラップで踏み潰し・水中(泥沼・蟻地獄)から上昇できずetc.で1ラック奪われてしまい、 クイズに回答できるとスコット(スタンリー)のもの凄い力で両手でトラップを押さえたり・水中(泥沼・蟻地獄)から上昇したりすることができる。闇の爪教の野望を打ち砕き、王冠を奪回しよう。

攻撃タイプ
TYPE:ATTACKING

ザコ兵 ワニ ゾウ(코끼리=こっきり) ゴリラ
ばびっと タカ カバ(하마=はま) イグアナ
ライオン(사자=さじゃ) サーベルタイガー サソリ ヘビ(뱀=ぺむ)
クモ ゾウガメ リビングデッド ゴールドマン
ミイラ スケルトン ウィルオーウィスプ イグアナ
(クリスタル)
カバ(하마=はま)
(クリスタル)
ヘビ(뱀=ぺむ)
(クリスタル)
カバ(하마=はま)
(ヒート)
ライオン(사자=さじゃ)
(ヒート)

追跡タイプ
TYPE:CHASING

ばびっとの群れ ミツバチの群れ アブの群れ
落下する岩 ホノーリアン ライオン(사자=さじゃ)

トラップタイプ
TYPE:TRAP

人食いワニ アリジゴク クラッシュ
落下する矢 泥沼 洪水
踏み潰しの壁

ボスキャラ
AREA GUARDERS

建築物に入ると、出口を守るボスキャラとのクイズ決戦だ。ノルマのない○×Qで沢山回答できたり、ノルマのある絵当てQでノルマを達成すると、奪われた王冠の一部を奪回することができ、進む進路を選ぶことができる。 建築物内では好きなジャンルを選ぶことにできるぞ。Q=クイズ


↑ボスキャラがいる建築物エリアのみに出てくるジャンルセレクト画面。好きなジャンルを選ぼう。


↑左からエリア1~5のボスキャラ。エリア5のボスキャラはなんと、闇の爪教の教組(おやさま)だった!


↑エリア4をクリアし、全ての宝玉を奪回し、伝説の冠完成!
ところが、エリア5(最終エリア)のボス・闇の爪教の教組(おやさま)に奪われてしまう。


↑エリア5(魔Q)に入り、アンケートモードに入る。
そして、闇の爪教の教組(おやさま)がいる部屋を発見!
さあ、決戦だっ!!!!



↑闇の爪教の教組(おやさま)を倒し、出口発見!最終ステージが待っている!
最終ステージをクリアすると感動のエンディングが待っている(選んだ出口によって異なる)。
そして、ラッキーアニマルも発表されるぞ。
そして、最終ステージをクリアし、スコアが6位以内に入ったものに与えられるネームレジストモードへ。


↑「爆裂クイズ 魔Q大冒険」で使用されたフォント一覧、テストモード用フォントも掲載
中には未使用配色フォントも…。

© 1992 NAMCO
ALL RIGHTS RESERVED

制作:QTQ 禁・無断転載・改変・二次使用