プロップサイクル

1996年夏、人類は自転車で空を飛ぶ。それが「プロップサイクル」。 人力飛行機・ラペロプターのパイロットになり、3つの世界(美しい景色の山村クリフロック、洞窟を抜けると夜の村に入るウインドウッズ、過去の遺跡化した高層ビルやハイウェイが並び立つインダスターン)を駆け抜けながら、 赤いバルーンを割っていく3Dアクション。3つの中から1つのエリアだけをプレイするノービスモードと3つのエリアを全てクリアすると浮遊大地ソリターへ行くことができるアドバンスモードを用意。 また、この作品は1996年10月から1年間、テレビ朝日系で放映されたクイズバラエティ「超次元タイムボンバー」(覚えているかな?)にも出され、ここでは2台をつないだ通信筐体も登場し、 多くの出場者(タレントたち)も挑戦した。さあ、キミはラポレプターに乗って、ソリターから大地を取り戻すのじゃ!


↑スタートボタンを押すと、ラペロプターの操作方法もおしえてくれる。


↑セレクト画面。練習モード(ノービス)で行くか、ストーリーモード(アドバンス)で行くかを決めよう。
まずはノービスモードを選択。3つのエリアの中から1つ選ぼう。うまくいけばアドバンスモードも完璧!


↑アドバンスモードを選択。好きなエリアを選んでゲーム開始!
制限時間内にバルーンをたくさん割って、到達ポイントを目指そう(コンティニューすると到達ポイントも下がるぞ)。
3つのエリアを全てクリアすると、浮遊大地ソリターへの門が開かれるようになる。


↑スタートボタンを押すとマップが出現。ラペロプターの位置がはっきりわかるぞ。

キャラクター図鑑
CHARACTERS

ラペロプター
RAPEROPTER

一般の自転車に飛行機の部品(羽とプロペラ)を装備し、空中散歩も可能にした。

スターター
STARTER

アドバンスモードに登場。スタート地点にいて、クリア条件が書かれたプラカードを持っている。

バルーン
BALOON

世界各地に散らばっている。 割るとポイントが増えるものと制限時間が延長される(点滅)ものの2種類。

コンパス
COMPAS

ステージ開始時や逆方向すると画面の上中央に出現。ラペロプターの行き先方向もおしえてくれる。


↑アドバンスモードの結果発表。到達ポイントに達さないとその時点でゲームオーバー。


↑総合ポイントがランクインするとネームレジストモードへ。
ルーペで文字を選ぼう。中にはパックマンが…。


↑スコアランキング画面
アドバンスモードで全4ステージをクリアし、大地を取り戻すとゲーム上に存在する太陽の神殿の石碑に総合スコアとネームが刻まれる。太陽の神殿の石碑に刻まれたものが真の勇者となるのだ!


↑スコアランキングの初期(デフォルト)画面
いろいろありますね〜。


↑「プロップサイクル」で使用されたフォント一覧。
「ウィニングラン」「エアーコンバット」「リッジレーサー」「エースドライバー」などの3Dポリゴン作品ですっかりおなじみのナムコフォントの16×16ピクセルアレンジ版が縁取りで登場です。

参考:1996年発行ミニ本「プロップサイクル・スカイサイクリングコースガイド」

©1996 NAMCO LTD.,ALL RIGHTS RESERVED

制作:QTQ 禁・無断転載・改変・二次使用