1988年、「源平討魔伝」のスタッフ“源平プロジェクト”が再集結して、「超絶論人ベラボーマン」を発表。その2年後の1990年、「ベラボーマン」に出てきた敵キャラ・ピストル大名を主人公としたシューティングゲームを発表した。それが、「ピストル大名の冒険」。大砲を頭に乗せ、5つのステージを冒険していく。1つのステージにつき、4つのエリア(ステージ0「旅立ちの巻」は1エリアのみ)で構成され、3ステージをクリアした時点でエンディングに入る。では、「ピストル大名の冒険」の魅力に迫るでござる。


↑ゲームスタート画面、ステージセレクト画面

キャラクター図鑑
CHARACTER INFORMATION

  キャラクター名  
ピストル大名 頭の上に載せた大砲を武器に、いろいろな敵の怪物・妖怪・兵士と戦って行く。ショットボタンを押しっぱなしにすると、気合弾を発射(ボールの跳ね返る方向)できるようになる。
青い壷 壊すと、花札が出現
黄色い壷 壊すと、大砲がパワーアップする札が出現
くす玉 同じ絵柄の花札を3つ集めると出現
バリアスーツ 同じ絵柄の花札を3つ集め、くす玉を壊すと、「当たり」の幕が出て来て、バリアスーツも出現。取ると、敵からの攻撃を加えるまで装着される。最高2段階まで。左=1段階、右=2段階
はずれくす玉 違う絵柄の花札を3つ集めると出現。何ももらえないジョーカーアイテム
タイムアップ 対ボス戦で、一定時間過ぎると出現する永久防止キャラ。茶色の巨大足を呼び出し、ピストル大名を踏んづける。ボスを早いうちに倒そう

敵キャラ図鑑
ENEMY CHARACTERS

ピストル大名を迎え撃つザコたち。「源平」「ベラボーマン」でもおなじみの「要石(かなめいし)」も出てくるよ。各ステージによって、出現敵キャラも異なる。中には、倒せない敵もあるでござるよ。このほかにも、いろんなザコどもも出てくるでござる。

どくろ すずめ たたみ小僧 さくら かえる・緑
かえる・紫 かえる・赤 かうる・黒 ガマガエル カッパの皿
子カッパ おたまじゃくしの卵 おたまじゃくし 青忍者 黄忍者
紫忍者 赤忍者 ねこどり・黄 ねこどり・紫 手裏剣
とんび ジェネレーター 水とんの術 人食いカツオ
からくり大砲 げた バキュラ 巨大足 巨大腕
どくろ出現口 人魂発射砲 人魂 ゆうれい壷 ゆうれい
墓場 ちょうちんおばけ ドクロのすけの子分 巨大要石 おどろ教の紋章
爆弾小僧・1 爆弾小僧・2 紫の岩 ペリー ペリーのミサイル
爆弾芸人 ペリーの黒船 誘導ミサイル ファイヤーライオン 要石・青
要石・紫 要石・黄 要石(*) ギャルボス(*) レッドエイリアン(*)
パープルエイリアン(*) グリーンエイリアン(*) カパケペコホオオン(ステージ1−2ボス)の弱点 まきしんじ(ステージ2−1ボス)の弱点 鉄球

(*)=謎のキャラ

ボスキャラ
BOSS CHARACTERS

各エリアの最後には、ボスキャラが待ち受けている。ボスキャラのバイタリティーは「悪」で表示される。ダメージを受けるごとに、「悪」マークに「×」が付けられる。「悪」マークが全部なくなれば、エリアクリア。でも、ステージ5のエリア3のボスキャラ、弱点がなく、倒すことができないでござる。ステージ5エリア5のボスキャラと最終ボスキャラの各情報、メールにて待ってるでござるよ。

ステージ0


↑ボスキャラ・サクラのすけ

ステージ1


↑左から黄色いガマガエル(エリア1)、カパケペコホオオン(エリア2)、
コカッカケ(エリア3)、カッパ仙人(エリア4)

ステージ2


↑左からまきしんじ(エリア1)、もくもくのすけ(エリア2)、
もくもくのすけの弟(エリア3)、しゅりけん団の団長(エリア4)

ステージ3


↑左から獅子舞(エリア1)、ネコヒトデ(エリア2)、ドクロのすけ(エリア3)、浮上墓場(エリア4)

ステージ4


↑僧侶・1(エリア1)、僧侶2(エリア2)、僧侶3(エリア3)、おどろ教の教祖(おやさま)(エリア4)

ステージ5


↑巨大クジラ(エリア1)、ペリーの黒船(エリア2)、サーカスマン(エリア3)
とくに、サーカスマンは無敵なので、お手玉を上へ放り投げたときに気合弾を打ち込もう。
そして、堕天使ネガエル(エリア4)と対決だ!!!!

その他
ETCETRA

「ピストル大名の冒険」のスコア表示で、いつもは「1UP(2UP)」と表示されるが、ここでは珍しく、「1UP」が「甲のヒト」と表記され、「2UP」は「乙のヒト」と表記される。また、ステージ2以降からスタートして、エリア1をクリアすると、スペシャルボーナス50000ptsが入る。そして、スコアランキングのランク名も上位から「やったぜ」「さーすが」「やーりやり」「すごい」「みごと」となっている。スコアが5位以内に入って、ピストル大名3人死亡(GAME OVER)されると、ネーム入れ(4文字、ひらがな)もできる。ネーム入れで、ひらがななのは、ナムコとしては、「源平討魔伝」以来となる。


↑プレイヤー2&ランキング画面(初期ランキング&ネームレジスト)


↑ピストル大名のやられダンス


↑「ピストル大名の冒険」で使用されたフォント一覧

© 1990 NAMCO

ALL RIGHTS RESERVED

 

制作:QTQ 禁・無断転載・改変・二次使用

ピストル大名が怪人として登場の本館「超絶論人ベラボーマン」へ