ポケットレーサー

あの「リッジレーサー」「レイブレーサー」がSDぽくなって登場!それが、「ポケットレーサー」。 「リッジ-」と「レイブ-」はコックピット筐体だったのに対し、「ポケット-」はアップライト筐体での登場となり、好きなマイカーを選べるようになった。 しかも、マイカーや対抗カーもデフォルメで登場している。もちろん、フルサイズでもプレイ可能。


↑コース選択画面
初級向けの「シーサイドコース」は初代「リッジレーサー」でおなじみのコース。上級向けの「マウンテンコース」は「レイブレーサー」にもありましたね。


↑次はマイカー選択画面。全部で4台。視点切替ボタンを押すとマイカーがフルサイズになるぞ。


↑「レイブレーサー」にもあった視点切り替えも健在。2つの視点から、プレイしやすい視点を選ぼう。

スーパーカー図鑑
SUPER CARS

「ポケットレーサー」に登場するマイカーは全部で4台。 これまでになかった好きなマイカーを選ぶことができるようになった。「リッジレーサー」でおなじみのマイカーも登場。左=デフォルメ、右=フルサイズ


↑F/Aレーシング


↑ホワイトエンジェル


↑13+hエンジェル


↑RTネビュラスレイ


↑いろんな対抗車も続々登場。上=デフォルメ、下=フルサイズ

看板コレクション
SHOWCASE COLLECTION

「ポケットレーサー」でも看板は健在。


↑シーサイドコースのアストロビジョンに映し出される「パックマン」のゲームキャラ。
アカベイ(ブリンキー)に追われてるパックマンとイジケゴーストを追うパックマンが動き回るぞ


↑マウンテンコースのアストロビジョンに映し出される「ギャラクシアン」のゲーム画面


↑お菓子をつかむクレーンゲーム「スイートザック」ロゴがビデオゲームデビュー!


↑シリーズ化されたガンシューティング「タイムクライシス」の看板も


↑実在する企業のロゴも出てきます。ADVANとYOKOHAMA(横浜ゴム)


↑ナムコといえばご存知、パックマン!


↑ナムコ直営のレストランといえばやはり、「イタリアントマト」


↑カーブ標識コレクション


↑ジャンクションまでの距離を現す看板


↑「ポケットレーサー」で使用されたフォント一覧
「リッジレーサー」では1文字16×16ピクセルだったナムコフォントも再び8×8ピクセルで登場!


↑「ポケットレーサー」の初期ランキング。小数点以下すべて765(ナムコ)で統一されておりますね〜。


TM&©1993 1995 1996 NAMCO LTD.
ALL RIGHTS RESERVED

制作:QTQ 禁・無断転載・改変・二次使用