リッジレーサー

グラフィック・サウンド共に高い水準を誇り、超ロングランシリーズとなった「リッジレーサー」シリーズは1993年にスタート。 その記念すべき第1作目がこの「リッジレーサー」。「リッジレーサー」シリーズの記念すべき第1作目は1993年、アーケードからのスタートとなった。 大ヒットを記録し、その翌年の1994年には続編として、「ファイナルラップ」(1987年〜1993年)、「スズカエイトアワーズ」(1992年〜1993年)各シリーズや「ダートフォックス」、「フォートラックス」(以上1989年)etc.にあった通信機能を搭載した「リッジレーサー2」を発表。 しかし、アーケードでの「リッジレーサー」の展開は「リッジレーサー2」をもって終了。今後は家庭用ビデオゲーム機(コーシュマー)での展開となった (PS「リッジレーサーレボリューション」、PS2「レイジレーサー」、PS「R4」、PS2&XBox「R:RACING EVOLUTION」、PS2「リッジレーサー5」、XBox360&PS2「リッジレーサー6」、PSP「リッジレーサーズ」「リッジレーサーズ2」、PS3「リッジレーサー7」etc.)。 アーケードからコーシュマー移行後、ナムコ初のプレイステーション用ソフト第1号として1994年、「リッジレーサー」のPSへの移植作業が行われた。 「リッジレーサー」のPS版はアーケード完全移植のほか、新たな要素(ボタンを押すと視点切り替えができる機能)も加えられ、今までにない「リッジレーサー」が誕生した。


↑コースセレクト画面。ゲームが始まる前に行われるコースセレクト。一番やさしい初級コースや一番ハードな上級コースもあるぞ。君はどのコースにする? また、BGMも選択可能。

スーパーカー図鑑
SUPER CARS

初代「リッジレーサー」で操縦するスーパーカー。PS移植後、4種類(F/A RACING,RT YELLOW SOLVALOU,RT RYUKYU,RT BLUE SOLVALOU)になり、好きなスーパーカーを選ぶことができるようになった。PS版起動時のギャラクシアンでエイリアンを時間内に全滅させると、12種類に増える。 いろんなスーパーカーにも過去のナムコ作品のロゴが貼られているぞ。


↑F/A RACING
「F/A」(1992年)のロゴや「ギャラクシアン3」(1990年)の文字も描かれている赤い車。「リッジレーサー」を象徴とする名車になった。



↑いろんな対抗車も続々登場。中には、「GAPLUS」「RALLY X」の文字、「マッピー」(1983年)ロゴ&キャラや 「ディグダグ」シリーズ(「ディグダグ」1982年、「ディグダグU」1985年、「ディグダグアレンジメント」1996年)に登場したプーカァのイラストが描かれた車も。

看板コレクション
SHOWCASE COLLECTION


↑「リッジレーサー」でも看板は健在。今回はナムコ直営アーケードの名称やテーマパーク・レストランのロゴを採用。
左からAladdin’s Castle、CYBER STATION、イタリアントマト、パックマンの文字、ワンダーエッグ
Aladdin’s CastleとCYBER STATIONは米国に展開のナムコ直営アーケードの名称、イタリアントマトはナムコが株主のレストランの名称、ワンダーエッグはかつて、東京にあったナムコ直営テーマパークの名称でした。 みなさんもワンダーエッグ(2000年12月31日閉園)、覚えているかな?もちろん、パックマンも出てきます(「PAC−MAN」の文字のみ)。


↑「リッジレーサー」で使用されたフォント一覧
ご存知、ナムコフォントを1文字16×16ピクセルにアレンジ。「ウィニングラン」(1989年)でもおなじみだね。
ちなみに、ナムコフォントが16×16ピクセルにアレンジされたのは「クエスター」(1987年)が初


©1993 NAMCO ALL RIGHTS RESERVED

ファンサイト「R研へようこそ」へのリンク

XBox、XBox360はマイクロソフトの商標です。
プレイステーション(PS、PS2、PSP、PS3)は(株)ソニー・コンピュータ・エンタテイメントの登録商標です。

制作:QTQ 禁・無断転載・改変・二次使用