スーパーワルドコート

「プロテニスワールドコート」から5年、4人同時プレイになって帰ってきた!それが、「スーパーワールドコート」。 前作「プロテニスワールドコート」ではシングルスのみだったが、2台の筐体を通信ケーブル(「ファイナルラップ」(1987年)、「ダートフォックス」(1989年)、「フォートラックス」(1989年)ほかで使用)でつなぎ、4人同時プレイのダブルスもプレイできるようになり、 コートも4種類(米国=ハードコート、英国=草コート、フランス=クレイコート、パックマンが多数いるナムコ=ファニーコート)になり、本格的なテニス大会を味わうこともできるようになった。2台の連結筐体は1994年にスタートした「鉄拳」シリーズや「ソウルエッジ」(1996年)etc.の対戦格闘ゲームにも採用された。 前作「プロテニスワールドコート」では20人のテニスプレイヤーが出場したが、今回の出場テニスプレイヤーは16人。ダブルスでキミはどっちとタッグを組む?

出場選手一覧(プロフィールはデモ画面より)

マックス 攻撃的な
テニス
セイジ 日本のエース
強力サーブ
ホウ 疾風のような
フットワーク
ユーリィ 激速のサーブ
ジル 破壊的な
フォア
ユミ 期待の新人
頑張り屋
アニタ 力強い
トップスピン
ミャー テニスの
上手いネコ
スティーブ 天才的な
サーブ&ボレー
ラルフ 最も美しい
ネットプレー
チャーリー 正確無比な
ストローク
ジェーン 強烈な
両手打ち
キャンディ 粘り強い
ストローク
ユリア 華麗なる
ボレー
ブリキクン ブリキの
ロボット
ゲロチャン テニスの
上手いカエル


↑「スーパーワールドコート」で使用されたフォント一覧、テストモード用フォントも掲載



© 1992 NAMCO

ALL RIGHTS RESERVED

制作:QTQ 禁・無断転載・改変・二次使用

本館「ワールドコート」へ