に出てきたナムコの80年代キャラ

1998年、ずっと横モニター画面構成が続いたナムコ久々の縦モニター構成作品として発表された「てんこもりシューティング」。 この作品はバラエティガンシューティング「ガンバレット」(米国ではPOINT BLANK(ポイントブランク)として)と同じく、出題されるミッションをクリアしていく。成功すれば次の階に上り、失敗するとライフ1つ減り、やりなおされる。 この作品にも80年代のナムコ作品「ギャラガ」(1981年)のチャレンジングステージや「ゼビウス」のVSアンドアジェネシス戦も入っている。また、「ディグダグ」(1982年)や「ギャラクシアン」(1979年)も出てるぞ。

ギャラガ編
CHARACTERS' FROM "GALAGA"

「ギャラガ」のチャレンジングステージ。「ギャラガ」に登場した9種類のギャラガが全て登場している。 1Pモードではデュアルファイターだが、2Pモードではシングルファイターとなり、出題通りのギャラガの数を倒せばクリアとなる。

ファイター
(1P)
ファイター
(2P)
ザコ ゴエイ ボスギャラガ ボスギャラガ
(ダメージ)
サソリ ミドリ ギャルボス トンボ もみじ エンタープライズ

ゼビウス編
CHARACTERS' FROM "XEVIOUS"

「ゼビウス」のアンドアジェネシス戦。全キャラのうち、ギドスパリオ、ログラム、ドモグラム、ボザログラム、グロブダー、デロータ、ガルバーラ、ガルデロータ、ソルは登場しない。 制限時間内にアンドアジェネシスを倒そう。また、隠れキャラとして、ナムコの看板キャラ・スペシャルフラッグも出てくるぞ。

ソルバルウ
(1P)
ソルバルウ
(2P)
トーロイド タルケン ジアラ カピ ザカート ブラグザカート
バキュラ ゾシー テラジ ガルザカート バーラ ゾルバク スペシャル ブラグザ


↑「ゼビウス」ステージのターゲットとなるアンドアジェネシス

ディグダグ編
CHARACTERS' FROM "DIG DUG"

「ディグダグ」の地中をバックに、跳ねてくるプーカァをプクプクポンで倒していこう。出題通りのプーカァの数を倒せばクリア。 今回はファイガーは出てこない。


↑左からディグダグ(1P&2P)、プーカァ

ギャラクシアン編
CHARACTERS' FROM "GALAXIAN"

上級コース(9階建てタワー)をクリアし、さらわれたサルの弟を救出すると感動のエンディングを迎える。 「ギャラクシアン」のギャラクシップを操作し、無制限・無条件で開発スタッフロールのフォントを撃っていこう。命中すると、フォントの色が暗くなるぞ。

ギャラクシップ(1P) ギャラクシップ(2P)


↑「てんこもりシューティング」で使用されたフォント一覧
久々のナムコフォント使用作品です。また、使用基板「システム12」のテスト用フォントも掲載

©1998 NAMCO LTD.
ALL RIGHTS RESERVED

制作:QTQ 禁・無断転載・改変・二次使用

バンダイナムコゲームス(NBGI)オフィシャルサイト内「てんこもりシューティング」へのリンク

PAGE 2

GALAGA

本館「ディグダグ」へ