Back to motorcycle


2010.8.7-8 避暑ツー (1日目)

暑いの暑くないのって,とにかく暑いよね。
ということで,標高稼いで一晩を過ごそうという熱帯夜エスケーピング・プラン。

しかし,結局,まぁ暑いの暑くないのって。

Yahoo!Driveでルートを見る

2日目はこちら


朝。
3:04。

早すぎる?
いえ,ほっといてください…。

出発でごんす。

 

R1>K17(環状2号線)>R466(第3京浜)

出発直後から給油所に恵まれず。
R1から環2というルートならばGSの1軒ぐらいあるだろうとタカをくくって走っていたんだけど,ついには第3京浜に合流。
燃料コックはとっくにリザーブに切り替え済。そしてどんどん伸びるODD。
ま,環八まで出れば24HのGSあるから大丈夫かなぁ,とお気楽に進行。

 

第3京浜>T311(環八)

環八沿いのGSで給油。
14.4km/L

 

環八>首都高3号線

用賀で都心方面へ折れて,首都高に。

 

首都高3号線>中央環状2号線(C2)

三軒茶屋の先でループ状のジャンクションへ入り,ウワサの中央環状2号線へ。
久々の首都高で,もちろん中央環状2号線は初走行。

変わった構造の道路にて,先の読めないコーナー構成。
無理せず,山手通の下のトンネルを淡々と進みます。

しかし噂に違わず,このトンネル,暑いな〜。
渋滞にハマったらこんがり焼きライダーの出来上がり!ってぐらい『オーブン度』高し。

実勢温度40℃以上程度ぽい。内股や向こう脛を低温火傷しそう。

 

中央環状2号線>(江北JCT)>高速川口線(S1)

山手トンネル抜けてクールダウン。といっても雰囲気気温30℃越えてるんだけど,もの凄く涼しく感じる。

 

S1>新井宿出口(首都高S1終点)>R122

流れの良い国道122を進行。
蓮田の辺りで最初の休憩。朝ご飯とします。

サンドウィッチとコーヒー牛乳飲んだ。

 

R122>K87

R122に信号が増えてきたのと,市街地をこのまま下道で抜けるのがめんどくさくなったので,進路を高速道路方面へ。

夜明けだな〜。
ネムノキの花はもう終り。梅雨もとっくに明けたしね。

 

K87>K3>(久喜I.C.)>東北自動車道

高速道路では,命と免許とガソリンとタイヤを大切に,ダラダラと進行。

ちょっと眠いかなぁ。
気のせいかなぁ。

日の出,撮り損ねた。

 

東北自動車道>栃木I.C>K32

お山が近くなったので高速道路を降りて。
日光,足尾方面へ。

 

K32>K15

大越路峠はトンネルで越えてしまった。
後から思えば,旧道で峠越えすれば良かったな〜。

K32とK15の交差点にある施設にてトイレを借りる。

 

K15

K15は川沿いのヒルクライム道。
変化に富んだこういう道は好きだな〜。

空も晴れてきた。

粕尾峠はそのまま越えず,前日光牧場方面へ寄り道してみる。

逆光気味の木漏れ日で,キラキラと綺麗なんだけど,眩しくて意外と走り難い。
飛ばしちゃ勿体ないし,貸切り状態の細道をのんびりと進行。

山の朝だねぇ。

牧場へ進入させていただきます。
口蹄疫予防の消石灰が入り口に。滑りそうで怖いけど,ここはしっかり踏んで進入。

うーむ,なんと。
こういうところなのか。

遠くに雲海っぽいものも見える。

前日光ハイランドロッジ前に到着。

蝶が飛んでいたので良く見てみたら,これは多分コムラサキ。

横でひっくり返って死んでいるのはアブかな?

羽を乾かしているのかな?

と思ったら,何やら動物のウンコを喰いだした。
そっか…,栄養あるのね…。

なかなか気持ちの良いトコロ。

クマもいるらしい。やったね!

男体山らしきお山も見えますね。

ペットボトルのお茶を買って,しばしのんびり。

さて,行きますか。(来た道を県道まで戻る。)

K15まで戻って,粕尾峠を越えればK15は一気に山岳道の風情。
道路に枝や落石の異物多く,気が抜けない。

楽しいねぇ〜。

 

K15>R122

田元の交差点にて。

R122で日光方面へ。

今日は暑くなりそう。

 

R122>R120

これから福島へ向けてズンズン北上する必要があるんだけど,ルートがまったく未定。
とりあえず上がってみるかなぁという軽い気持ちで進路を中禅寺湖方面へ。

いろはにほへと ちりぬるを
わかよたれそ つねならむ
うゐのおくやま けふこえて
あさきゆめみし ゑひもせす

中禅寺湖。
いつ来てもチラ見するだけで通り過ぎちゃうんだけど。。。
こないだ来たときもチラ見のみ。(前回のチラ見写真

なんとなく,見ないで通り過ぎるのもナァ…という感じで華厳の滝。

迫力ありますな。

無料の展望台の下,実は相当に恐ろしいことになっていたらしい。
現場でこれを読んでたら,お尻がムズムズ。

今度は下りのいろは坂。

すせもひゑ しみめゆきさあ
てえこふけ まやくおのゐう
むらなねつ それたよかわ
をるぬりち とへほにはろい

下りでZRX1200についていけず。
だって荷物重いんだもん,と言い訳。

暑いな〜。

R120を世界遺産方面へ。

本日,実質で最初の給油。

13.68km/L
きっちりフランジ手前まで給油したから燃費値が良くない。
しかし給油はめんどくさいなぁ。

 

R120>K169

霧降大橋を渡って,霧降高原方面へ。

ますます夏の空らしくなってまいりました。

霧降高原道路

僕の持ってるツーマでは有料道路だけど,とっくに無料化してたっぽい。

グリグリと進みます。

なぜかコーナー毎にトーテムポール状のオブジェがある。

雨,ふるなよ〜。

クマ?

特に何があるわけでもなく,
快適なスピードで進行中。

偶にピースサインなんかも出しつつ。

入道雲がでかいなぁ。

道の突き当たりに大笹牧場レストハウスが見えてきた。
(進入してみたけど,スタンドも下ろさずに出発。)

 

K169>K23

鬼怒川沿岸道のK23で川治方面へ。

時々オートバイとすれ違う。
心地よい感じ。

川治ダムで一服。

ダムはでかいよなあ。

(リンク先パノラマ写真につきサイズ大。)

しばらくは流れの良い国道を繋ぐだけなので,地図はツーマの見取り図をセット。
汗をかき始めたので,熱中症予防の給水用チューブもセット。

 

K23>R121

川治ダムから,VFRっぽいバイクとしばらく混走。

この橋からの眺めはお勧め!
といってもちゃんと停まって写真を撮らなかった。(比較的ちゃんとした写真は,以前通ったときのこちら。)

R121

山間を淡々と,スムースに。

信号無いよな〜。

しかし,いったいここは何号線なんだろうね。

南東北と聞いて僕が思い浮かべるのはこんな景色。

R121>R400

進路は,とにかく北。

グリグリと進みます。

 

R400>R401

なんという三角な山!

R400はダンプが多かった。

田んぼがきれいじゃ。

ツーマで見つけた「ブナ清水」に立ち寄ってみる。

この看板に言う『ひどくみすぼらしい旅の男」って,松尾芭蕉かね?

飲めそうだけど,飲まなかった。

きれいな獣道がついてたから,動物たちは飲みに来るみたい。
きっとおいしい水なのでしょう。

ブナ清水でUターン。

ブナ林の中を進みます。

ブナ的親バカ写真。

 

 

R401>K32

そろそろお昼ご飯の心配をし始めた頃。

ダイナミックな崩れ!

K32も走りやすい道。
こういう何でもない道がありそうでないんだよな〜。

ときどき幾つかの集落を抜けつつ。

地図を読むために路傍に停車。
日差しが暑いので木の下に。いくぶん涼しい。

 

K32>K59>R252

主要国道はやはり流れ悪し。
いや,流れてはいるんだけど,ペースがね。。。暑いのだよ。。。

チャンスがあれば先頭に出たい。(暑いので)

会津坂下IC近くのコンビニで一休み。
ポカリスウェット買って,アイスクリーム食べた。

あちーのあつくないのって。山手トンネル並です。

R252

暑いけど走らなきゃ進まない。

灼熱の国道にオサラバ。

 

R252>K43

夏〜〜〜〜〜〜!

田んぼの中といえども暑くて,草いきれの中を進む感じ。

 

K43>K16

山都辺りで。
ここらじゃ酒屋さんが普通に蔵造り。

鉄道は磐越西線かな。

しかし暑い!暑いったら暑い!

喜多方は盆地だからかな?

 

K16>白い道

喜多方へ来たら拠点はここ。喜多方駅。

各店の出汁材料なども載っていて,チョイスがし易い,ラーメンマップを手に入れてGO!

喜多方は暑かった。。。。今までもそんな記憶ばかりでしたが,今回もやっぱり暑かった。

 

白い道>R459

脱水症状で足が攣る前に,叉焼麺いただきっ!!

うま〜。

まるや。国道沿いの店ながら,Pもあって良かった。

またお山に入り込む前に給油。
16.1km/L

裏磐梯方面へ。

直前にザッと一雨降ったらしく,路面からは激しく湯気が立ち上り中。

道の駅裏磐梯にて。
ここで食後の一休みとする。

コーラも飲んだぜ!

 

R459>K64

桧原湖畔道路を行きます。背後には,ちょっと見難いけど磐梯山。

磐梯山,実は結構凶悪(?)な火山。
存在感大。

ん?ちょっと眠い?

湖畔をダラッとすすんで,

望湖の湯でお風呂をいただきます。
貸切り状態でバイクを眺めながら洗髪。

入湯料は,たしか400円だったはず。(村民の人は200円)
水で薄めずに入れる温度が嬉しい。ぬふふふふ〜。

サッパリしたぁ。

汗が引いてきたので出発。

もうすぐ夕方だなぁ。

 

K64>K2

ニュードー雲,でかい!

 

K2

磐梯山見えた。

R115方面へ。

 

R459>r115

ん〜。ちょっと雲行き怪しげ。

 

R115>K70>K30>R115

R115に出れば何かお店があるだろう,とタカをくくって裏磐梯のコンビニ(キャンプ用品やBBQ食材が充実)を見送っていたのが裏目に。
お店,皆無。

しょうがないので山を越え,福島市方面へ一度出て食材(と冷たいビール)を調達することに。
R115からは福島市方面がよく見えた。

あんなトコロまで一度出なきゃダメか〜。

ま,面倒もまた楽し。

スーパーキクタ鮮食館で食材をゲット!

といってもレトルトのカレーだったりするので,本当にここで手に入れたかったのは保冷バッグ内でビールを冷やすための(無料の)氷だったりします。。。

 

R115(戻る)

さて,お山に帰りましょう。

夏の夕暮れだなぁ。

グイグイと登ります。

R115は追越しゾーンや登坂車線がところどころにあって,流れヨシ。

天気がチョッと心配。

 

R115>K30>磐梯吾妻スカイライン

見渡すと,雲は雨が降るときの表情ですな。

スカイラインに入ったら,やっぱり降り出した。

晴れろ〜。

涼しくって気持ちよかったりもするんだけど。

夏の天気の気まぐれ。

今度は霧か。

晴れたり曇ったり。

自分の後輪が跳ね上げた飛沫がキラキラときれいだった。

お!火山!

もうじき目的地。

ズゴォー…と蒸気の噴き出し音がし続けています。

浄土平キャンプ場に到着。

先着のチャーさんに続いて受付完了。

チャーさんは東北ツーリングの最終日。
一週間の行程だったそう。羨ましい〜〜。

三脚とビニール傘がチャーさんのキャンプ・ツーリングのマストアイテム。

記念写真を撮ってもらいました。

日暮れ前は虫(ブヨ?)が多くて閉口したけど,日が暮れてからは虫に悩まされることもなく,快適な環境に。

チャーさんが「のどごし」1Lの後に焼酎でブースト中。

自分は早起きがたたったのか,食事をとった後は寝ぼけ眼のローテンション。
しかしビールが美味いなぁ。

飯炊き鍋を忘れてきてしまったので,チャーさんに大きな角鍋をお借りした。
底を焦がしちゃってゴメンナサイ。

キャンドルランタンぐらいの明るさだと,頭上の星がよく見える。

20時頃,ともさん到着。

ドコをどう走ってきたの?

ともさんから食べきれないほどの食材提供を受け,あ〜喰いきれない〜と幸せ満腹状態に。
ビールもソーセージもごちそうさまでした!

疲労と眠気で,皆様に先立ち21時頃就寝。
おやすみなさーい。

走行:576km
平均時速:41km/h


2日目はこちら


Back to motorcycle