Back to motorcycle


2010.9.7 (結果として)南アルプス周遊

ソロで。
特ににアテもなくフラッと乗って出たんだけど,なんだかスイッチ入っちゃって,結局走りっぱなしの一日。

Yahoo!Driveでルートを見る


5時半過ぎに出発でごんす。

R1>新湘南B.P

無料は良いよな〜。ずっと実験していて欲しい。

 

R1(新湘南BP)>R134>R134(西湘BP)

どことなく秋の空。
今年は残暑が厳しいけど,確実に秋が来てる。

西湘BPで見た箱根方面には低雲が発生中。
山の上の方の道は霧ってるかもなぁ。

 

R134(西湘BP)>石川IC>R135>R135(旧道)>K75>オレンジライン

R135は旧道がお気に入り。真鶴道路(無料化した)の方が断然早いんだけど。
湯河原のコンビニで朝飯のパンとお茶を買って,オレンジラインで温泉街の喧騒をパス。

 

オレンジライン>K75(椿ライン)

外輪山で発生した雲が多く,富士山は見えたり隠れたり。
景色を眺めながらパンを頬張りつつ,今日の行き先をぼんやり考える。

そういえば,富士山が見たいなぁ。
んで,涼しければ下部辺りで温泉にでも。。。。

しかし風がビュー!ビュー!と強い。
さすがにバイクが倒れるほどじゃないけど,物を飛ばされないようにしないと。

リアタイヤを見たら,SACT線を発見。

しかもチョット段になってるね…。

 

 

K75(椿ライン)>R1>K75>K337>K394>K24

よっしゃ!
富士山,丸見え!

むふふふふ〜。

ちょっと早めにガソリン入れておこっと。

14km/L

 

K24>R469>林道富士山麓線

前に何かで見て,いつか寄ろうと地図に印をしておいた道を通ってみた。

なかなか気持ちの良い舗装林道です。

ま,自然も豊かということです。

気まぐれに,支線の細い林道に入りこんでみた。
舗装が苔生してて,スゲー滑る…。

ちょっと進んでからUターンして復帰。

富士山をパノラマってみた!

(注:クリック先はパノラマ写真につき,サイズ大。横スクロールで雰囲気出ます。)

てっぺんのアップ!

てっぺんのさらなるアップ!

あ,南アルプス。

(山に分け入って行きたいねぇ…)

 

林道富士山麓線>K180(富士山スカイライン)

富士山スカイラインに出ました。

林業作業車が走ってた。
このクレーン,というかアームで,丸太を掴んで荷台にガンガン積み込んでいくのだからスゴイ。
ゴロゴロと不安定でそれなりに重たい物なので,コーナーはゆっくり通過してた。
この後,真っ直ぐな場所でパスさせていただく。

 

K180>K72>R139

ん〜,とりあえず北上しようかな。

朝霧高原で富士山とツーショット。

あまり用事がないけど,この辺は気持ち良い場所だよね。

やっぱり秋めいてきたと思う。

山が大きい。
電線が邪魔。

 

R139>R300(チョイ)>K709

本栖湖に来た。
湖の色がなんとも青い。

湖上にはイエローサブマリンも!

本栖湖の湖畔道路は気持ちの良い道。

富士山はさすがの存在感。

がらさん用に写真を撮っておきました(笑)。

 

K709>R300

一つお山を下って,「道の駅しもべ」で缶コーヒー。

文字通り巡回中の巡査がCD125Tで立ち去る際に会釈をしてくれた。
なんだかやっぱり,バイクに乗った同士の挨拶は良いねぇ。
「アレは昔白いのに乗ってたクチだな」などと一人ほくそ笑む。

 

R300>K9>K414

大きな道は暑いしクサイので,空気の綺麗な田舎道を行きます。

 

K414>白い道

気まぐれで「嶺」方面へ。
どんな道かわかんないけど。。。。

小さな集落を抜けて,行けるところまで行ったらこうなった。
勾配のきつい未舗装路は進退窮まる場合があるので苦手。大人しくUターン。

でもここまで登ってきたから富士山のアタマもチラ見できたワケですし。

途中のお社にあった大きな木。

(注:クリック先はパノラマ写真につき,サイズ大。縦スクロールで雰囲気出ます。)

木の下を通って,もと来た道へ。

 

白い道>(戻る)>K414

K414で峠を越えるときに,稜線上に道があったのでちょっと寄り道。
ここでも富士山のアタマをチラ見。

山頂に綺麗に傘雲が。

 

K414>K409

甲斐岩間方面を望む。

そうだ!南アルプス(というか,西山温泉方面)へ行こう!

 

K409>白い道

市川大門より西進。

富士川を渡るのだ。

 

白い道>富士川大橋

富士川大橋で富士川を渡る。

 

富士川大橋>R52(バイパス)>K12>K20

K20を西進して夜叉神峠を越え,南アルプス公園線に出る算段。
峠越えに挑む前に,自分とバイクに入れるモノを入れておかないといけない。

先ずは自分の腹ごしらえ。
横手焼きそばを注文。

質問に答えてくれた店員さんの言うとおり,目玉焼きが乗っていた。
ボリュームたっぷり!

ワシャワシャと喰う。

食後にはアイコーのサービスも。嬉しいねぇ。

南ぷす食堂,ごちそうさまでした。

 

K20>(戻る)

次にバイクの腹ごしらえを,っと。

14.8km/L

 

K20>白い道

途中見かけて気になっていたループ橋に寄ってみる。
すごいところにすごいものがあるよね。

360°ぐらいのループ橋。
市道の施設かな。ひょっとしたら林道のかも。

 

白い道>K20>夜叉神峠>K20>(戻る)

夜叉神峠はマイカー規制中にて通行叶わず。
失意(ってほどのものでもないけど)の下り坂の途中,日本第二位のアルカリ度と謳っている温泉に立ち寄り。¥500

高アルカリらしいけど,それほどヌルヌルせず。
それはちょっと期待はずれだったけど,熱湯槽(ガス加温)と源泉槽(28.8℃と低温)の二槽があって,交互に入って火照った体を冷ましつつゆっくりと入れるのが夏の入浴には嬉しい。
湯上がり感はサッパリしたもの。

 

K20>K12

南アルプス公園線に行くのを諦めたら,なんだかドコまでも走りたい気分になってしまった。
温泉入浴で気持ちがリセットされたせいかな。

八ヶ岳,見えた!

 

K12>白い道

K12沿線は棚田状の田園風景が美しい。

 

白い道>R20

とりあえず(?)富士見から杖突峠に抜けてみようかな。。。。という,アホな事を考えながら走行中。

 

R20>富士見パノラマ>白い道(たぶん入笠山林道)

ね,秋でしょ。

富士見から入笠山(にゅうかさやま)方面へ。
どんどん登っていく,気持ちのよい道。

湿地帯があったりして,散策すると楽しそう。キャンプ場も良さそうです。

これは発見。
癒しのツーリングスポットだねぇ。

(注:クリック先はパノラマ写真につき,サイズ大。横スクロールで雰囲気出ます。)

ま,道がフツーに未舗装路に切り替わったりしますが。

涼しい顔して通過しましょう。
急な傾斜でタイヤがズってしまうこともありますが,笑ってやり過ごしましょう。

ふぅ。。。。ナハハ!

舗装,復活!

金沢峠にて。
分岐が多くて不安になるけど,道標が分かりやすくて助かった。

 

千代田湖は静かな佇まいだった。
こういう所で時間が許す限りボーッと過ごすのも良いんだろうけど,つい先へ先へと走っちゃうんだよなぁ。

 

白い道>K490

「せっかくだから高遠ぐらいまでは足を伸ばしますか」といった感じでR152方面へ。

秋が来たねぇ。

 

K490>R152

入笠山からずっと喉が渇いていたので,日陰に入ってスポーツドリンクをグビ飲み。
スーッと水分が身体に染みこむのを感じていたら,なんだかまた活力が出て来てふっかつしちゃったみたいで…。

南進して天竜廻りで帰路に着こうとアホなことを決めた瞬間。

 

R152

ともさんがR152方面へ行って迂回を余儀なくされたっていう話を聞いていたのに,この看板を見るまですっかり忘れていた。
R152は一部通行止めなのだった!!!(それもかなり肝心なエリアが。。)

むぅ。どうしよっかなぁ。

 

R152>K49

さて。この青看板があるところ(分抗峠)から大鹿まで抜けられない。

地図とにらめっこして,通行止めとなっている崩落箇所だけをエスケープするルートで行こうと決めて。駒ヶ根市街方面へ。

 

K49>K210

K210では,去年から気になっていた陣馬形山キャンプ場の看板を横目に見つつ,「あ〜テント積んでくればよかったなぁ…」と軽く後悔。
この時点で時刻は16:30。テント張るには丁度良い時間だったりもして。

さて,日没前に何処まで行けるかな。

砂状の法面を珍しがって通過。
崩れないのかな。

 

K210>K59

K59では道のすぐ側に大きな滝があった。
ちょっとコワイ。

山を下りてくると暑い。ここらはまだまだ夏だな〜。

 

K59>R153>K455>K18

流れの非常な悪さと,1L当たり140円という無茶苦茶に高い周辺GSのガソリン価格に戦きながらR153を通行。

17時を過ぎて20km/hぐらいでダラダラと進む渋滞に辟易として,川向こうの県道に道をスイッチ。

 

K18>K251

天竜川沿岸から,再びR152を目指します。

K251で東進していたら,忽然と姿を現した建造物は,三遠南信自動車道の巨大なループ橋。

(こんな山奥なのに)こんなモノがいきなり姿を現すから,けっこうびっくりした。
前に一度通ってるハズなんだけど,その時は上から下ってきて,しかも雨だったから,印象が非常に薄い。

 

K251>R474(三遠南信自動車道)

矢筈トンネル。
ものすごく長い!(こんな山奥なのに)

 

R474(三遠南信自動車道)>R152

日が暮れてきた。デジカメがピントを合わせられない。
薄暮の中を淡々と進みます。

ん〜,南方の空に不穏な雲が。。。。。。。。

 

R152>ヒョー越林道

そして,とうとう日が暮れた。
パラパラと夕立も始まって,路面はウエット。しかもこれからヒョー越え峠越え。

もう泣きそう。(泣かないけど)

我ながらバカだねぇ。

 

ヒョー越林道>R152

ヒョー越峠を越える手前で,すっかり日が暮れてしまった。しかもバイクにガス欠の症状。燃料計はとっくに"E"を指してる。
そして途中の青看板には,天竜まで60q以上の表示。

自車は大体14〜15km/Lの燃費で,リザーブ(予備タンク)が4L,,,,,,,残念ながらチョット足りない計算?!
雨の日は燃費が伸びるとはいえ,これはヤバイなぁ。時間も17時を過ぎて,田舎のGSは店終いをしちゃうし。。。

そんな感じでガス欠の恐怖と闘いながら静かに峠を越え,しばらく走って燃料がリザーブに切り替わった直後,明かりの灯ったGSがっ!!
逃げ込むように滑り込む。
19:00閉店らしいけど,18:50頃入店。間一髪。。。。アブナなかった。


@145と,近時あり得ないぐらい高価な燃料だったけど,ここはセニハラです。店員さんはとても親切だった。

14.7km/L

ガスが入っちゃえば,後は何も心配ない。雨も降り止んで,路面のウエットパッチもいつの間にか見かけなくなった。
のんびり安全運転で帰るまでヨ。

丁度良いペースの観光バス(回送)を先導車として淡々と進行。
写真は相変わらずのピンぼけ。(測距不能の時は最大遠固定で良いんだけどナァ。)

 

サークルK・天竜山東店にて,甘いモノとコーヒーで休憩。

ついでにシールドの掃除をして,視界をクリーンに。

 

R152>(天竜)>K40>K343

天竜市街から,天竜川沿いの堤防道路で南進。

 

K343>(迷う)>R1(バイパス)

堤防道路からR1のバイパスに合流したかったんだけど,地元車に漫然とくっついていったら旧道のR1に出てしまった。
磐田郊外をひとしきりウロウロして,なんとかR1のバイパスに乗ることができた。

実勢速度はそれほどではないけど,信号皆無のノンスットップゆえに,下手な高速道路よりも時間単位移動距離が稼げたりする。

淡々と走行して,清水に出た。

R1(バイパス)(静清バイパス)

さった峠の辺りで,R1(BP)と併走する東海道線をパチリ。

ひたすら東進,の帰り道。

富士川を渡る。

「道の駅富士」にて休憩。

ここでもまたシールドの掃除。虫が多くてね。

R1(バイパス)>R1

箱根峠手前にて。霧じゃぁ。

 

R1

いつもの遊覧船乗り場で最後の休憩とする。

ここでも糖分とカフェインを摂取。
コカ・コーラを飲んだよ。

西湘BPに乗る前に,最後の給油。
ダラッとした定速度運転が続いたので燃費値がかなり良好。

18.1km/L

 

R1>R134(西湘BP)>R1(新湘南BP)>R1

そういえば夕食がまだだった。
R1沿いにあるリンガーハットでさらうどん(¥500)を喰う。

揚げ麺がモデルチェンジして更に美味しくなったなぁ。

日付が変わって0:40。
到着でごんす。

意外と疲労が少ないのは,ここのところ毎週のようにツーリングに出ているからか。

 

走行:776km
平均速度: 40.8km/h


Back to motorcycle