Back to motorcycle


2010.11.3 中信,全山紅葉ハンティング

 秋といえば紅葉,蕎麦,そしてナゼか温泉と相場が決まっておりますナ。
 あのとき見たような紅葉を再び眺めようと,全体が赤や黄色に色づいている山を探してブーラブラ。
 ということで,まったく風まかせの一日。

 しかし一部秋を通り越して初冬の様相。
 ま,それもまた楽し。

Yahoo!Driveでルートを見る


上下革。
インナーはユニクロ・フリースと,ユニクロタイツ。
Powered by Uniqlo!?

4:10出発でごんす。

 

R1>横浜新道>R16(保土谷バイパス)>R16>八王子BP>八王子IC>中央自動車道

八王子まで,寒さはどうということもない。

当初は関越道で新潟に抜けようと考えていたんだけど,天気予報によると完全な冬型の気圧配置らしく,日本海側は雨の予報。
わざわざ雨に降られに行くこともなかろうと,素直に中央道を西進。
高速に乗ってからは標高を上げていくため,だんだんと寒さを感じるようになってきた。

身体は大丈夫なんだけど,指先がねぇ。

日の出じゃ。
早く直射日光を浴びたい。

境川PA

5:53

寒くって身体はガタガタ震えっぱなし。
純粋に休憩のために境川PAに立ち寄り。

トイレで冷えきった体液(だったもの)を放出して体温上昇を賛助。
そして温かい缶コーヒーを両手の平で挟んでゴロゴロ。指先の感覚の回復を図る。

雲一つない快晴の朝。
寒いわけだよね〜。

白く冠雪した南アルプスが見えてきた。

ホント,さみーよね。
先が思いやられる。

でも本人は至ってゴキゲンに西進中。
もうじき夜明けだし!

お!朝日!

富士山も見送ってくれてるゾ。

早起きして良かった。

八ヶ岳の山頂は雲の中。
多分,あの雲の中は半端なく寒い。

給油をしようと八ヶ岳SAに寄ったんだけど,まだGSが開店していなかった。
給油は高速を降りてからすることとして突進。

メーター下に貼り付けた寒暖計は5〜6℃を指している。

僕のバイクで快適に走行できるのは,経験上,5℃以上。
このぐらいならまぁまぁ快適に走れる。

手指はかじかむけど,足指はまだ大丈夫。
空いてるからペースも上がる。
タカハシさんにキャブレタ調整をしてもらったばかりということもあってか,エンジンも好調。

けど,水温計の針が下限近くを指しているのがずっと気になっていた。
ひょっとしてオーバークール?
サーモスタットがバカになってるかなぁ。それとも水温計がバカになってるのかな?

 

中央高速道>諏訪IC>R20

6:46

諏訪で高速道路を降りて,IC近くのマックさん。
ココ,今年二度目。

ソーセージエッグマフィンのセットを食べながらコーヒー飲んで地図読んで。

 

R20>K183>R20>諏訪湖沿岸道路

GSを探しながら諏訪を走っていたら大幅にタイムロス。
この辺りのGS,朝が遅い。IC近くで入れないと駄目だねぇ。

でも湖畔道路も走れたからまぁ良いか。

結局,IC付近まで戻る形になって,最初に見つけたGSで給油。
30分以上うろついてしまった。

16.0km/L

 

諏訪湖沿岸道路>K487>白い道>R20>K40

国道から霧ヶ峰方面へ。
途中の気温計で4℃の表示。

寒いよね〜。(もう慣れてしまっている。)

 

白い道でショートカットして登りすぎてしまったK40を少しR20方面へ戻る。
途中,土木工事車両の出入りがある付近で,路上の砂に乗ったらしく,フロントに嫌な逃げ方をされて気持ちが大いに萎える。
秋はタイヤが滑るよねぇ。しっかりグリップで走りましょう。

立石公園付近からパノラマってみた。

(注:リンク先パノラマ写真につきサイズ大)

一息ついて,再びK40を霧ヶ峰方面へ。
紅葉はちょっとイマイチ。

寒い寒いとつぶやきながら走るけど,快適な道で快適なペース。
顔は終止にやけっぱなし。

ついでに鼻水も流しっぱなし。

霧ヶ峰

ありゃりゃ。こりゃ寒すぎるわ〜。(絵的に)

車山の方の木々は凍てついてる?

太陽は,もったいぶったように,雲から出たり,隠れたり。

 

K40>K194(ビーナスライン)

手元の寒暖計が示すのは3℃。
笑えるほど寒い。

ここは冬じゃん。

八島ヶ原が近づいてきた。

路傍の木には,樹氷。

八島ヶ原湿原駐車場

8:17

なんとも不思議な景色の中。

せっかくなので八島ヶ原湿原の展望台で湿原を見てみた。

樹氷の付き方から察するに,北西の湿った冷たい風が山肌の木々に当たったときに樹氷を形成したために,西側斜面の木々が白く凍てついているらしい。
風が直接当たりにくい湿原の中は,平和な初冬の風景が広がっていた。

(注:リンク先パノラマ写真につきサイズ大)

風に当たっていた木々は,うっすらと氷をまとっていた。
紅葉と樹氷。

左,白く樹氷をまとった八島ヶ原から,中央の諏訪湖,右,岡崎方面。

(注:リンク先パノラマ写真につきサイズ大)

来て良かった〜。

いえ,やせ我慢じゃありません。
ま,かなーり寒いですが。

途中,衝撃的(笑)なエリアを通過しつつ。
自然って,容赦ないよねぇ。

ま,やっぱりこういう秋の風景の方がイイね…。

 

K194>K460(相変わらずビーナスライン)

眺望ヨシ。
あちら側に見えるのは,浅間山かな。

ビバ!信州。

路傍には立派な霜柱。
秋なんだか冬なんだか,訳が分からない感じ。

走るなら日なたが良いね。

 

K460>K178(やっぱりビーナスライン)

どうしようか決めかねていたんだけど,意外と暖かいし,路面が凍結している場所も(今のところ)無し。

美ヶ原まで上がってみよう。

8:59

ボビーさんの真似っ子写真を撮りーの。

あ,でもやっぱり凍ってら。^^;

 

K178(戻る)

タイヤのグリップ感が希薄。
冬ってこうだよなぁ。

身体にガチガチと力が入りがちになるつづら折りの下り道。
意識的に上体をダラッとさせてスルスルと下っていきます。

 

K178 (和田方面へ)

ビーナスラインから外れ,細い県道を和田方面へ。
こういう地味な地方道にこそ紅葉の絶景は隠れているから,無名の県道が好き。

標高を下げるにつれて体感気温が上がってくるもまた嬉しい。
時々写真撮影のために停車したりしながら,のんびりと下ります。

はぁ〜♪

あまり意味はないけどパノラマってみた。

(注:リンク先パノラマ写真につきサイズ大)

夜走ると動物が多そうな道です。
風はほぼ無風。日差しが気持ちよい。

色付きは今一つだけど,一山丸々の紅葉。
コレですよ,コレ!

 

K178>R142

国道に出たところにあった道の駅ではそば祭りが!
しかし残念。まだ準備中で蕎麦にありつけそうにもなかったので,後ろ髪を引かれつつスルー。

9:25

国道をのんびりと北上。
ペースが低すぎなければ,信号の少ない国道をクルーズするのも悪くない。

 

R142>R152

9:48

休憩がてら,K63との交差点にあるコンビニに立ち寄り。

ヘルメットを脱いだ頭がスースーと寒かったので,筒状のフリースを買った。400円。
これを被って,休憩もまた楽し。

 

R152>K62

R254へ出たいんだけど,ちょっと色気をだして,白い道で小さな峠を越えていこうと県道へ入りこむ。
この県道は裏ビーナスへの好アクセス路。

で,目指す所沢峠への道は,進入禁止中。
アレの収穫の時期だからと思われ。

天下の公道だから,通過のためなら大手を振って入れるはずだけど,郷に入っては郷に従え。
無理に入りこむこともないので,大人しくUターン。

 

K62>R152>R254

国道沿道では案山子祭りなう!

信州街道は好きな道のひとつ。

 

R254>K12

さてさて,山間部へ。

お!背負い籠背負ったハンター発見!
この辺,取れるんだろうなぁ。

県道12号は素敵なな道でした。お勧め。

 

K12>K181

10:42

未踏の三桁県道へ進入してみる。

しかし,この道の走破が結構大変だった。

苔が生えていて笑えるほどスリッピーで,深い轍があり,その上にカラマツの落ち葉がフワッと積もっていたりする。

基本的にずーっと1速で走行。

ふぅ。

はぁ〜。(苦笑)

とにかく転ばないようにね。

11:05

保福寺峠を越え松本市に入ると,路面状態は一変する。
峠道では良くあることだけど,行政区の違いだけでこれほど如実に違いがあると笑ってしまう。

でも,この道は険道のままが良いとも思う。
広大な入会地の中を抜けているようで,入山不可の看板がそこかしこにあって,よそ者が通行することはあまり歓迎されない雰囲気がビシバシと発散されている。。

そうなると「香り高い季節のお土産」を買いたいけど,もちろんお店なんてナッシングな山奥地帯。

11:24

里へ無事降りついて,神社の鳥居の前で一服。
地図を読み直す。

北アルプスが見えてきた!

 

K181>R143

国道へ出て。
国道は平和だな〜。

途中,古いBMWのRを追い越抜く。
ライダーは上下黒い革を纏った壮年と思しき男性。

排気ガスが良い匂いだったな〜。

R143は気持ちの良い道。

 

途中,銀杏の大木を見つける。

近寄ってみると「横川の大いちょう」と立札あり。

紅葉(銀杏なら黄葉か)はこれからだけど,圧倒的な存在感。

峠にあった信号付のトンネル。

良く見ると「自転車・自動二輪を除く」となっているから,バイクは構わず進行可。
でもおっかないから青になるまで待った。

山の色づきが素晴らしい。

県道では日が出たり陰ったりだったけど,雲がだいぶ少なくなって,日なたを走る時間が増えた。

 

R143>K12

12:01

国道を折れ,県道を麻績IC方面へ。

K12は最高。

途中,「そういえばこの辺にY君の実家があったゾ!?」と思いだし,Y君に電話。

shin「もしもし,どーもお久しぶり!」
Y君「どもども。どーしたの?」
shin「Y君,実家は○○の近くだったよね?」
Y君「うん,ていうか,○○だよ?今日はコドモ連れて来てるよ」
shin「あ,ホント!んじゃ丁度良かった!顔見に行くヨ〜」

Y君とはこの時以来。あんときゃ新婚だったねぇ。
それが今じゃ二児の父。
時が経つのは早いもので。

Y君はGSXを売ってしまったらしい。まぁまた乗れるときに買えばいいさネ!

ってことで押し掛けバイクおじさん,コドモ達と一緒に記念撮影。
Y君,ありがとね。

麻績IC近くのGSで給油。

12:36

14.0km/L 燃費悪いな。

R403を跨いで,ひたすらK12。

この辺りのK12からは,北アルプスの眺望が素晴らしい。

紅葉も良いヨー!

はぁ〜♪ (しかし寒そう。。)

見事にパノラマってみた!

(注:リンク先パノラマ写真につきサイズ大)

13:08

さて,しかし。そろそろお腹が減った。

こちらで食後に入浴することにしました。

北アルプスと棚田を見下ろす絶好のロケーションに建つ。
お風呂からもこの景色が見えるという,なかなか地味に凄い施設です。

んで,食堂の蕎麦は新蕎麦だし!

蕎麦は(驚きの)十割だし!

味はソコソコ。
出汁に面白味はないし,山葵は粉練りだけど,しかし香りはサスガ!の本場の新蕎麦。

兎に角,ここで手打ちが食べられるという事自体が嬉しいじゃないですか。うん。

大盛り50%増の900円でした。
お腹はソコソコ一杯に。

こんなに廉価に気楽にくつろげるのだから,そもそも蕎麦の味に文句のあろうハズもなく。

暖かい麦茶を飲みながら,ひとしきりダラッと。
ウロウロするヨソのコドモにチャチャをいれられたりしつつ。

時間がしっかりとゆっくりと流れているのを感じる。
こういった座敷が良いよね〜。

聖域じゃ。
汚いオートバイ乗り達に害されないで欲しいと願う。(お前が言うな。)

14:32

お風呂で体中のカジカミをすっかりほぐして,気分も一新。

ビミョーに帰路に着きつつも,もう一っ走りしますか!

 

K12>K390>K395

右に行くと千曲。こっちに行けば,復路は上信越道経由の関越道。
左に行くと篠ノ井。こっちに行けば,復路は長野道経由の中央道。

悩みドコロですナ〜。

何となく関越の気分ではなかったので,左方,篠ノ井方面へ。

気持ちの良い日なたで小休止。

 

K395>K70>R19

久々に国道に出る。

気温は11℃と十分。

しかしこれから来る夜の寒さを想像するとちょっとユーツ。
どうせ寒いなら楽しまないとなぁとも思う。

どうやって帰ろうかなぁ。

時々停車して地図とにらめっこ。

 

R19>K55

15:15

で,国道を外れて県道へ。

55号線は走りやすい道でした。

途中で見かけた落差の大きな滝。

八坂の大滝

 

滝の落ちている裏側に道があって,歩いてくぐれるらしい。
今思えばいってみれば良かったな。

 

途中でお山と記念写真。
良い色に色づいていた。

僕はこういう紅葉が好き。

 

K55>白い道

ツーマでお勧めマークの付いていた白い道を行ってみる。(大峰牧場付近)

開けた尾根道で明るく,気持ちがよい。

安曇野が見えた。
そしてその向こうに北アルプス山塊。

途中,何やら観光車がいっぱいのエリアが。

なるほど,見事な楓。
この木だけが意図的に切られないで残されたんだろうけど,シンボリックな佇まいが絵になるのだろう。

あとで調べてみたら,それなりに有名な木みたいデス。

(わざわざUターンして撮影。珍しい。)

観光車に続いてダラダラと山を下れば,安曇野に出ました。

 

白い道>K51>K275

安曇野には気になるラーメン屋があったんだけど,ラーメン屋の中休みの時間に入っちゃった。
まぁお腹もまだあまり空いてないから,ココは大人しく帰路に着きますか。

 

K275>K306

15:55

K306は信号が少なく流れの良い堤防路。

眺望ヨシ!
脇見注意!

今日はマツタケが沢山生えていそうなところをいっぱい通ってきた。
マツタケ食いたかったな〜,などと思いながら走っていたら,怪しげな(失礼!)マツタケの露店商が!

立ち寄って「地物」と得意げに書かれた札の付いたザルを覗き込んだけど,そこはマツタケ。やっぱり数千円の値が付いてるのね。
確かに近所のスーパーで買うよりは安いけど,サスガに手が出ない値段。

引きつった笑いで買えないことを詫び,露店を去りました。

日は,北アルプスの稜線へ落ちていった。

 

K306>豊科IC>長野自動車道

16:22

後は高速で帰るだけ〜。

 

長野自動車道>岡谷JCT>中央自動車道

諏訪湖

八ヶ岳山塊の山頂付近だけが夕日に照らされていた。

(変な写真)

諏訪湖SA

16:52

しばらく休憩をしていなかったことに気付き,日暮れ前に一服つくことに。

コーヒールンバのやつのモカを飲んだよ。250円と高級品。

オーバークールが気になっていたので,気休めにガムテープを貼ってみた。
ラジエータの半分ぐらいまで被いたかったんだけど,これしか手持ちのテープが無かった。気休めですナ。

あぁ,夜になっちゃったなぁ。

慌てず無事に帰りましょう。

 

双葉SAに給油ストップ。

17:53

16.4km/L

 

中央自動車道>大月JCT>中央自動車道富士五湖線>富士五湖道路>須走IC>R138(チョイ)>K151

大月から先で20q近い渋滞の表示。
渋滞は嫌なので,大月JCTから富士五湖方面へ逃げる。

しかし富士五湖道路の山中湖付近で,この日一番の冷え込みにやられた。
かじかむ手指の痛みをこらえ,風防の中に身を隠す格好でひたすら前進。

長いトンネルのを抜けると須走。トンネルの中は暖かく,ガニマタになって上体を起こして走行。暖ったけぇ〜。

トンネルを抜けた御殿場側は,山中湖側よりもいくぶん暖かく,気温は4〜5℃あったので一安心。
あの寒さの中を走り続けるのは辛い。

須走の富士宮神社前交差点。
18:56

コンビニで休憩をとる。

自衛隊車両がいっぱい。
仕事アガリに幌車の荷台に乗り合わせて,買物に来るみたい。

燃費悪いんだろうなぁ。税金で走ってるんだよなぁ,などと余計なことを考えた。

休憩のお供には,小腹を満たすミスターイトウのミニ・チョコチップクッキー。
105円の割に食べでがあるお菓子。

箱根越えで帰るか,R246で帰るか検討中。
距離的には箱根経由が少し近いかも知れないけど,走って楽なのはR246。

目が疲れてきていたのでR246で行くことに。

 

K151>R246>R255>K72>西湘BP

比較的走り慣れたコースを淡々と。
寒さが緩んで身体が楽。
でも,目が疲れたゾ〜。

 

西湘BP>R134>新湘南BP>R1

21:00

なんとなく最近定番になっているリンガーハットの皿うどんの夕食とする。
これ,安くて野菜いっぱい食べられて,お腹一杯になって,カロリーもそこそこ摂れるスグレモノだと思う。暖かいし。

でも今日はギョーザも付けたよ!

21:24

そして無事帰宅後ごんす。

走行:755km
平均速度:43.8km

寒かったけど,良かったなぁ。


珍しくお小遣い帳を付けてみた。

有料道路:2000円
燃料代:5721円
その他のお小遣

缶コーヒー(境川PA)

120

マクドナルド

440

缶コーヒー
フリースネックウォーマー

398

お風呂

350

蕎麦

900

チョコチップクッキー
ペットボトル紅茶

246

リンガーハット

750

 計

3204

残念ながら総計が1万円をちょっと超えてしまった。


Back to motorcycle